BEASTARS(ビースターズ)7巻のネタバレあらすじを書いています。

この漫画は1冊丸ごと無料で読むことも出来るのでその方法が知りたい人はコチラからどうぞ。

⇒BEASTARSを無料で読む方法

シシ組のボスへとなったルイが目指す道は果たして!?

ここからネタバレ注意です!!

53話から61話|ネタバレあらすじ

ビースターズ7巻ネタバレ

ルイが学園を去って、気が抜けたレゴシは”ぼーっと”過ごすことが増えます。

そんな時、どこからともなく聞こえてくる「カラカラカラ」という音、耳鳴りのようで不快感があります。

ルームメイトは聞こえないようですが、レゴシには耳鳴りだけでなく、気配まで感じます。

いい加減、鬱陶しく思ったレゴシは他の生徒が居ない場所で話しかけます。

「せっかく2匹っきりになれたんで名乗りを上げてくれませんかね?」

そう言うと、現れたのは巨大なガラガラ蛇でした。

「あなたの暗躍に私の胸は高鳴りっぱなしでしたよ・・・」

そう話すのはこの学園で唯一の警備員だという”ロクメ”と名乗る人(獣)。

ビルと壇上で戦った日からレゴシのファンになったようで、以降は常に監視しており、シシ組やらの大方の事は把握しているようです。

ロクメはレゴシに学園の為に動いて欲しいとあるお願いをします。

それは・・・演劇部員であるアルパカが食い殺された事件の犯人を捜し出すことです。

久しぶりに訪れた現場には、ルイが添えたと思われる新しい花がありました。

「すまない」とだけ書かれたメッセージカード。

そのメッセージから自分に犯人を捜せと言っているように感じるレゴシ。

こうして、アルパカのテム殺しの犯人を捜すことを決意するのでした。

その頃、シシ組のボスとなったルイは、とある食肉店へとやってきていました。

今まで、無法地帯と化していた裏市をシシ組が仕切るために、鹿肉専門店だろうが平気で顔を出します。

取引は次々と決まり、シシ組も潤います。

手下どもを騙すため、一緒に酒を飲み、肉を食うルイでしたが、自室に戻ると全て吐き出していました。

今までは栄養ドリンクで何とか誤魔化してきていましたが、体は完全に痩せ細り、このままでいつ倒れてもおかしくありません。

そんな中、組織のNo.2であるイブキが心配して部屋へやってきます。

彼はルイの体調に気づいているようで、表通りでサラダを買ってきてくれたのです。

初めはサラダにがっつく姿を見て笑うつもりなのだろうと疑うルイでしたが、イブキにそのつもりは無いようです。

「俺たちのせいで若いボスが衰弱していくのは見るに堪えねぇ」

そうこうしていると別の部下が部屋へとやってきて、オオカミのメスが訪ねてきたと言います。

やってきたのはジェノでした。

2人で町を歩きながら、経緯を話します。

ジェノは隕石祭りの前日にルイと少し話していて、それでシシ組に関係していると確信し訪ねたのです。

ルイが学校に戻らないのが納得できなかったようで必至に説得します。

しかしその言葉も虚しく、ルイの決心は固まっています。

「この世界を肯定することで真の強さを手に入れたい」

その覚悟を知ってか、シシ組内では無くてはならない存在になりつつあり、ルイを軽視している部下はイブキが人知れず絞めたりもしています。

学校では、レゴシが犯人捜しを開始しますが、最も怪しいのは部の肉食獣。

しかし「事件を今更、ぶり返すな!」と嫌なムードが漂います。

そんな時、新たな新入部員がやってきます。

美形のドールビッグホーンのピナです。

ヒツジ目なのかその立派な角はルイにも負けない存在感があります。

加えて整った容姿はまさしく主演にふさわしいでしょう。

しかし、部員からは不満もありました。

この時期に新入部員、ルイの代わりという魂胆が見え見えで意見が飛び交います。

さらにピナは肉食獣に差別的、発言をするので打ち解けるには時間がかかりそうです。

レゴシはあの事件以来、疎遠になっていたハルちゃんに会うと、部員たちから色々と言われたこともあり、ルイの話をします。

「今でもルイ先輩が好き!?」

「なんでそんなこと聞くの!?」

2人の間に気まずい空気が流れます。

ハルちゃんの言葉で、彼女がまだルイの事を好きだと確信したレゴシは、これからは遠くから君を見守っている。と言いその場を去ります。

一人、公園の裏で項垂れるレゴシ。

すると突然、後ろに殺気が!?

本能で転がるように避けますが相手は姿を見られたくないのか、レゴシの顔面を抑えつけてきます。

かなりのデカさで身動きが取れず、そのまま意識を飛ばされます。

気が付くと両手を拘束され目隠しをされ引きずられていました。

レゴシは今襲ってきているのはテム殺しの犯人では?と思い、ボロボロにされながらも生きてる限り食殺を阻止し続けてやる!!と反抗します。

そして少しでも犯人の手掛かりを探そうと、噛み付つくと、びっくりしたのか犯人はそのまま逃げていくのでした。

瀕死の状態ですが助かったレゴシ。

「このままではダメだ。本当の強さを手に入れないと!!」

レゴシはルームメイトのジャックに暫く留守にすることを伝え、師匠ともいえるあのパンダに会いに裏市へと向かうのでした・・・

感想とレビュー

ここからは考察ですが、レゴシを襲ったのは新入部員のピナなのでは?と考えています。

と言うのも攻撃していた影も鼻息の粗さも彼の種族特有の感じがしたからです。

もしかしたら、食殺事件もピノが犯人なのかも?

この巻の最期ではゴウヒンに弟子入りする所で終わっていたので次巻は修行がメインじゃないでしょうか?

犯人探しまで行きつくのかわかりませんが新刊が発売され次第またネタバレを書いていくので是非、お気に入り登録しておいてくださいね。

漫画版を読みたい人はこの方法を使ってください。

⇒BEASTARSを無料で読む方法