前回のラストで自首をしてきた真犯人!パイセンの運命はどうなるのでしょうか?
僕たちがやりました4巻ネタバレあらすじをさっそく見てみましょう!

ネタバレ前に漫画版を無料で読んでみたい人はこちらから

⇒僕たちがやりました4巻を無料で読む方法

僕たちがやりました|4巻ネタバレあらすじ

僕たちがやりました4巻
自首した犯人、その供述は警察も納得せざる終えないもので一向に容疑を認めようとしないパイセンこと小坂容疑者の証言も含め警察は誤認逮捕を認めた。

そして上層部はこの事件の捜査打ち切りを決定するのだった。

そんな時、蓮子はトビオが謝ってこないことに苛立ちを感じていた。
やっと連絡が来たかと思ったら急に会いたいといわれ仕方なく会いに行くことに。

しかしそこにいたのは矢波高の市橋だった。
トビオのスマホから成りすましメールを送り蓮子を呼び出したのだ。

そして爆破事件の犯人はトビオだと告げる。
蓮子は信じなかったが市橋の執念とトビオから直接、真実を聞く為、協力して探すことにする。

-トビオ|逃亡生活3日目-

今日もドーナツ屋の廃棄を漁り食事を取るトビオ、この生活は案外いけていた。
いがいに自分はホームレスでやっていけるのかもしれない。そう思うようになっていた。

しかし、遂に店員に通報され警察が来る。

慌てて逃げるトビオ、そこで出会ったのがホームレスのヤングだった。

彼はトビオにズボンと靴をあげるとコンビニで歯ブラシを調達しトビオにこの生活の仕方を教えてやった。
料亭の廃棄はカニや寿司があること、空き缶拾うには縄張りがあることなどなど今のトビオにはヤングの生き方が凄くかっこよく見えた。

しばらくこの人について行こう!そう決めるトビオ

しかしそう思ったのもつかの間

「うし!穴かせ!」ヤングがいきなりトビオに襲い掛かる。

ヤングはそっち系だったのだ!
無理やりズボンを脱がされレイプされそうになるが寸前のところで逃げることが出来た。

蓮子もこんな気持ちだったのか・・・

自分が犯した過ちに気付きトビオは蓮子に謝る為、街に繰り出すのだった。

市橋と蓮子も連日トビオを探し、街に出ている。
最近では市橋の体が不自由になったことで後輩にも舐められ喧嘩を売られる始末。

すでに学校に居場所は無かった。

そんな自分に変わらず接してくれるのが蓮子だった。
市橋の心は徐々に彼女に惹かれていく。

その時!道路の向かいにトビオ!?

しかしそれはあまりにもタイミングが悪かった・・・

蓮子にいっこくも早く謝りたいと思い街を走りまわってたトビオ
しかし目に入ったのは市橋と楽しそうに喋る蓮子だった。

「なんだよそれ!」思わず逃げ出すトビオ
一人で盛り上って、蓮子が好きっていってたのは嘘だったのか・・・

あーなんかどうでも良いや・・・
そう思って歩いてるとコンビニ帰りの今宵に出会った。

トビオは思わず彼女に抱きつく。
そしてそのまま二人は交わった。

そんな時、誤認逮捕から解放されたパイセンが学校を訪れるのだった・・・

まとめ・無料で読む方法

パイセンがついに釈放されました!
そしてトビオは一体ナニをやってるんでしょうか(笑)
完全にクズの行動パターンです。
蓮子はちょっと思わせぶりが過ぎますがどうやらトビオ一筋のようです。
今後どうなっていくのでしょうか?

では最後に無料で読める方法です。
僕たちがやりましたはこの方法を使う事で1巻から5巻までの好きな巻数を無料で読むことが出来ます。
ちなみに管理人が使っている方法でもあるので安心して利用してくださいね。

⇒僕たちがやりました4巻を無料で読む方法