僕たちがやりました2巻のネタバレあらすじです。
この漫画は現在の最新巻である5巻までならどれでも好きな巻を無料で読める漫画です。
管理人も使っている方法なのですがネタバレ前に自分で読んでみたいという人はこちらから試してみてください。

⇒僕たちがやりましたを無料で読む方法

僕たちがやりました|2巻ネタバレあらすじ

僕たちがやりました2巻
「パイセンどーするんですか!?」

錯乱する一同

「これは金じゃどーにもならんやつや」

しかし窮地に追いやられた一同が自分勝手な解釈をする。

「これはテロや!!」

ガラスが割れる程度の火力しか持たせていなかった爆弾
これは自分達の復讐とテロ組織の陰謀が重なっただけに過ぎない!!

しかしトビオには先輩がプロパンガスの近くに仕掛けた爆弾が原因だと気づいていた。
すると緊急の校内放送が鳴り、全校生徒は非難することに・・・

結局その日はそのまま下校となりトビオ達も今日はスポッチャに行かずに帰ることにする。
トビオは余計なことは言わない方が良いだろう、と判断しあのことは伏せていた。

そのままトビオは蓮子と約束していたカラオケに向かう。
蓮子はクラブに通うような子でトビオは遊んでる子だと思っていたが実はまだ男性経験は無く本当に踊るのがすきなだけのようだ。

そして彼女はトビオのことが好きだ。
勘が悪いトビオはそんな事気づきもしないがカラオケは大盛り上がりで終わった。

家に帰るとさっそく今日の事件がニュースになっている。

”死者6名”

トビオは平静を装ってはいたがあまりの大事となっていることで気が気じゃなかった。
そして今も重傷者が多く今後も死者は増える見込みらしい。

翌日、いつものように部室に集まる面々、マルは相変わらずテロだと思っているようだったが伊佐美はどこか気づいているようで彼女と早々に部室を後にした。

トビオは先輩に真実を話す決意を決め、好きな子のことで相談があると呼び出し全てを告げた・・・

全員がパイセンの家に集められる。
やはり伊佐美も気付いていたようでマルだけぽかんとしていた。

そんなパイセンが持ってきたのは100万円×3

「金(これ)で黙っといてください」

一同が戸惑っていると更に100万円づつ上乗せするパイセンそれでも動かぬ一同に更に100万を上乗せし合計一人300万円となる!?

なんのことか分からないマルにトビオは別の解決法があるだろうというが初めに動いたのは伊佐美だった。

「俺は捕まりたくない!だからこの金は受け取る」

そしてこれっきり縁を切ろうと言いその場を後にした。

トビオとマルはこのまま関係がなくなるのは嫌だと言い金は受け取るがそれで無かったことにする為、罪を隠す決心をした。

しかし無常にも、テレビからは防犯カメラから割り出された犯人の似顔絵が公開される。
それはギリギリパイセンに似ていた・・・

防犯カメラに顔が映っていたのはパイセンだけだったが姿はトビオたちも写っていた。

そんな状況でパイセンが出した答えは・・・

「明日からプーケット行けへん?」
という海外逃亡だった。

取り合えず学校に行くが伊佐美は来ていない。
マルにプーケットの件を聞くと「もちろん行く」といっていた。

帰ってこれるのは何年後かも分からないのに・・・
しかしいつも学校に来ているパイセンが居ないことで感づき始めている教師もいた。

これは俄然プーケット行きが現実味を帯びてきた。
その夜、トビオはプーケット行きを決意したのだった。

羽田に着きマルに電話をするがなぜか出ない!?
というよりすでに携帯を解約していた

もしかして最初から・・・

それでも、トビオはパイセンとプーケットへいく為に空港へ

「やめろぉ!放せや!!」

空港の出発ゲートの前で複数の警官に取り囲まれるパイセン・・・
プーケットの夢ははかなく散った。

間一髪でトビオは捕まらなかったがニュースでは他に容疑者が3人いると報道されている。

「ははは、おれ、あの瞬間から詰んでんじゃん」

まとめ・僕たちがやりました2巻を無料で読む方法

遂にパイセンが捕まってしまいました。
さすがに防犯カメラに写っちゃうと駄目ですよね。
パイセンはとっさにトビオに気付き逃がしてくれていましたが一人で罪をかぶるつもりなのでしょうか?
300万をもってトビオはどうするのか?
次巻も楽しみですね。

では最後に無料で読む方法です!
僕たちがやりましたの2巻はこの方法で誰でも無料で読むことが出来るんです。

管理人も使っているのですが是非試してみて下さいね。

⇒僕たちがやりましたを無料で読む方法