最近人気急上昇中のマンガゴールデンカムイを無料で読んでみたのでネタバレを含むあらすじ紹介をしたいと思います。
無料で読むのは誰でも簡単に出来るので先に自分で読みたい!という方はコチラからどうぞ

⇒ゴールデンカムイを無料で読む方法

ではあらすじです♪

ゴールデンカムイ1巻あらすじ

ゴールデンカムイ
明治37年203高地そこに不死身と呼ばれる男がいた。
弾丸ひしめく戦場の中、銃弾を喰らおうが翌日にはピンピンして戦場を掛けまわる。

それが杉元佐一、不死身の杉本だった。
戦後金が無く途方に暮れた杉本は一角千金を夢見て北海道の山奥で川底から砂金をさらっていた。

しかしその地はすでに荒らされており砂金のカケラすらもみつからなかったがその時いた酔っ払いの男が気になることを言いだした。
北海道も昔は1日に112グラム以上取れる日が毎日続くいたらしく丁度そのころ土地を迫害されつつあったアイヌたちが密かに軍資金をためていたらしい。
砂金をごっそりと・・・

それを一人の男がブン盗った!持っていたアイヌを皆殺しにして。
その額およそ8億円重さ75キロの金塊だ!

しかしその男は警察に追われその金塊を北海道のどこかへかくした。
その隠し場所を仲間に伝える暇も無く男は最果ての牢獄網走監獄に死刑囚としてブチ込まれた。

看守は金のありかを聞きだそうと男の行動には目を見張っていて手紙で場所を伝えようものなら直ぐに横取りされてしまうだろう。
だから男は刺青を彫った!同房になった死刑囚たちの体に埋蔵金のありかをしるした暗号を・・・

そして男は死刑囚たちにこう言った「脱獄しろ!成功した奴は金塊を半分やる」

しかし囚人たちの刺青は全員で一つの暗号となっている。
その噂を聞いた屯田兵のはみ出し連中は死刑囚を移送するといって強引に連れ出した。

それこそが囚人達の狙い隙をついて護衛の兵士を皆殺しにし全員が森の中に消えたんだ。

そこまで話すと酔っ払いの男は眠ってしまった。
杉本も眠りに付きふと眼を覚ますと「しゃべりすぎた」とさっきの男が銃を構えて目の前に立ってるじゃないか!?

これは現実身を帯びてきたな!
酔っ払いを返り討ちにするも森の中に逃げていく後を追うがなぜか男は殺されていた。

良く見るとハラワタが食いちぎられている。
冬眠中のクマか?しかもさっき男が話していた刺青が入って居るじゃないか!

こいつが囚人の一人だったのか。
ほら話じゃなかった・・・

そんな事もつかの間、男を食ったクマが戻ってくる!
間一髪の所でアイヌの少女に助けて貰う杉元、なんと殺されたアイヌの中には父も居たと言う。

金塊と取り戻すべく杉元はそのアイヌの少女と手を結ぶのだった。

ゴールデンカムイを無料で読む方法

U-NEXT特典
この特典しってますか?
U-NEXTというサイトの初回登録で貰えるヤツなんですが最近では当り前の1カ月無料にプラスしてマンガにも使えるポイントが600円分貰えます!

このポイントを使えばゴールデンカムイは無料で見れちゃうんです!
しかも最新巻までどれでも好きなのを読めるのはデカイですよね♪
ゴールデンカムイ最新刊
31日以内に解約すれば月額料金も無料なので一度試してみてくださいね。