響10巻ネタバレ

響10巻の発売予定日は8月26日頃になります。

発売に先立って、ここでは連載されている月刊誌から各話のネタバレを随時追加していくと共に、発売直後に無料で10巻を手に入れる方法を紹介しています。

※10巻に含まれる話数はあくまで筆者の予想です。

⇒響の最新刊を無料で読む方法

週刊誌|最新83話

近日に迫った総裁選を放送するワイドショー。

そのMCに緊急ニュースが入ってきます。

「加賀美文科大臣が響きに暴行を受けた!?」

現場では既にマスコミが大勢駆けつけて大事になっているのですが当の響はまるで他人事のように近くに喫茶店でリカたちを待っていました。

リカの愚痴もそうそうに家に帰ると大臣が家に来ていました。

何故か響の部屋へ案内した母はさておき、部屋を開けると黒服二人とシュールすぎるババ抜きをしている大臣がいました。

「君の小説を読んだから約束通り感想を伝えに来た。」

ババ抜きをしながら本当に響の小説の感想を伝える大臣。

感想を言い終えると早々にお暇するようです。

明日にはマスコミに家も知られるので警備や警察は手配してくれると言います。

「ありがと。借りを作るのは嫌だから、今ここでの録音は何に使っても怒んない。」

大臣の方も総裁選挙に向けて響と仲が良いアピールは必須のようで今回はこれが目的のようでした。

果たして響の日常はどうなるのでしょうか?

10巻ネタバレあらすじ

高校文芸コンクールで1位に輝いた響は大臣も出席する表彰会に行くことに・・・

ダブル受賞の響本人だと確信した大臣は彼女をどうするつもりなのか!?

79話

響79話表紙

大臣と名乗ったにも関わらず物怖じしない度胸、そして猫が足に当たっただけで殴り掛かかろうとする凶暴性。

これらを考え直しても先ほどの少女が響本人だと確信した大臣を彼女をどう利用しようかと考えます。

総裁選挙に向けて話題になるように仕向けるにはただ正体を明かすだけではマイナス効果しかありません。

大臣は何か考えがあるようで、響を部屋に呼ぶように言います。

彼女が出展していた小説のあらすじと感想例をパパっと読み、再び対面した二人。

大臣は堂々と嘘を並べさっき読んだばかりの感想例をつらつらを並べ、響の小説を褒めます。

そして本題へ。

「あなたは芥川、直木を受賞した響ですか??」

もしそうであれば公表してほしい。

周りは大騒ぎになるから暫くの間は自分が手配した警察やSPに護らせるとまで言うのです。

全ての学生たちの希望となるべく、それっぽい理由を並べ公表を促します。

ですがそんな言葉に響がなびく筈も無く

「嫌」

と一言。

自分はいち高校生で人の気持ちは背負えないしこの話は100回繰り返しても答えは変わらない。と取りつく島もありません。

大臣は諦めたのかあっさりと響を解放します。

しかしポケットからは先ほどの会話を記録したボイスレコーダーを取り出すのでした。

中身を確認し問題なければマスコミにリークするよう指示を出す大臣。

汚れ役を週刊誌に被らせることで自分は何一つ避難を浴びず、ただ注目を集めることができる。

それは総選挙のキマリになる。

そんな会話を控室の扉越しにリカが聞いているのでした・・・

80話

いよいよ始まった表彰式。

今回は大臣が総裁選に出ているということもあり多数のマスコミが来ています。

簡単な挨拶が終わり、いよいよ大臣賞を受賞した響の表彰です。

壇上へと上がる響。

お決まりの文言を述べられ、賞状を手渡されます。

しかし響はそれを受取ろうとせずこう言います。

「さっきの会話の録音データを頂戴。」

とぼける大臣、とりあえずこの場は流そうとしますが響は折れません。

「録音データ?本当に分からない。」

「交渉する気はない黙ってデータを渡して。」

一触即発の空気に会場も以上を感じています。

リカも傍らに立っていた秘書の元へ出向き、会話を録音していたことは知ってるし渡さないとあの子はあそこから動かないと脅します。

このままじゃ騒動になる。

リカが交渉しますがいち秘書に権限など無く、壇上では今だに二人が言い合いをしています。

大臣はこれ以上、無駄だと思ったのか、響が止めるのも無視して正体を公表すると言います。

「えー・・・皆さんに一つ発表があります」

報道陣が一斉に大臣に注目します。

そん時”ガっ!!”と響の強烈なパンチが大臣の顔にヒットするのでした。

「100回言わなきゃわかんないの?データ。」

81話

まさかの行動に報道陣は唖然としSPはすぐさま大臣の身を守ろうと動きますが大臣がそれを制しします。

それらを見守っていた秘書にアイコンコンタクトを送ると録音テープをリカに手渡します。

響には悪いようにはしないから30秒だけ無言で隣に立っていろ。と指示します。

つらつらと適当な話で場を収めようとする大臣。

しかし響は相変わらずのマイペースで「あなた読んでないでしょ?そんな人に用は無い。」そう言って立ち去るのでした。

その後主催者たちが急遽集まり、響を交えた今回の騒動を話し合いますがそこでも興味が無くなった響はそうそうに席を外します。

外に集まった報道陣を横目に帰ろうとするのですがその時”バシッ!!”と思いっきり頬を叩かれます。

「アンタ一体何がしたいのよ!!」

叩いたのは響に八つ当たりする前回と前々回、大臣賞を受賞した女でした。

82話

響に殴り掛かってきた女の子、彼女は前回と前々回に大臣賞を受賞している藤代琴子さんです。

すぐさま殴り返す響、しかし琴子はなんで式をぶち壊したのか問いただします。

自分だけの式では無いのに何様のつもりなんだ。周りの人の気持ちを考えたことはあるのか?

そう問いただされた響は素直に自分の非を認めます。

「今日の式を大切にしてる人がいるなんて思わなかった。」

その言葉に琴子はもう一度、響を殴りますが彼女が殴り返すことはありませんでした。

「ごめん」

それだけ言って立ち去ろうとする響を報道陣たちが止めます。

「あなたは芥川・直木をとった響じゃないよね?」

報道陣の問いかけを無視して立ち去ろうとする響でしたが琴子も訪ねて来たので彼女にだけはこそっと正体を教えてあげます。

すると琴子は「私!!お伽の庭、大好きです!!」と報道陣の前で堂々と発言するのでした。

”ゴッ!”と今度はグーで殴られる琴子、響はそのまま走り去っていくのでした。

その頃、リカは今回の式の主催者たちに直談判の真っ最中です。

このままだと死人が出る、彼女の受賞は無かったことに。

話もまとまりタイミングよくふみちゃんから電話が掛かってきます。

「リカ!響の素性は北瀬戸の鮎喰響かって問い合わせが殺到してんだけど!?」

リカの努力もむなしく、正体は世間に明るみに・・・!?

まとめ

ネタバレは毎月追加していくので是非、お気に入り登録していってくださいね。

響の漫画が読みたい人はこの方法だと無料で読めますよ♪

⇒響の最新刊を無料で読む方法