監禁嬢4巻

監禁嬢4巻(最新刊)のネタバレ感想と、漫画を無料で読む方法を紹介しています!

自分の計画の障害になると判断したカコは、柴田茜と皮谷を殺害。
裕行の学校の文化祭でカコが計画していることとは一体!?

※「監禁嬢」の漫画を無料で読む方法は、下の記事で紹介しているので参考にしてくださいね♪

⇒監禁嬢4巻を無料で読む方法はこちら

ここから4巻のネタバレです!

4巻 ネタバレ

(皮谷・茜が殺された経緯から始まります)

茜が5歳の時、母親は事故で死んでしまいました。

そして母親が只の骨になったこの日が父親を見た最後の日でした。

最後に連絡が来たのは高3の時。

今まで茜を育てるのにかかった費用を返して欲しいと言われ、茜は父親と縁を切ったのです。

母が死んだ後の茜と弟は母方の祖父母に引き取られていました。

絵を描くのが好きだった茜。

「だって絵の中ならお父さんとお母さんに会えるもん」

今、茜はカコと一緒に拘束された皮谷といます。

「皮谷健、あなたは今日ここで死にます」

カコは鍵を皮谷に突き刺し、じわじわと痛みを与え続けて殺そうとしています。

その時、茜がカコの手を止め自分にやらせて欲しいと言いだしました。

カコは茜の覚悟を尊重し鍵を手渡します。

皮谷の腹に鍵をぶっさす茜。

鍵を抜いたと同時に鍵は後方へ飛んでいきカコの近くへ。

「血で手が滑っちゃった」と鍵を拾いに行く茜ですが、これは全てカコを止めるための作戦だったのです。

茜は持っていたペン先をカコの肩に突き刺しました。

「どうしようもないクズだよ!それでも家族はクズの帰りを待ってるの!!」

茜は父とのことを思い出し皮谷を助けようとしたのです。

もうやめるように説得をする茜ですが、カコがその提案をのむわけがありませんでした。

カコはペンを拾い茜の首元にぶっ刺します。

喉を引き裂かれてもカコにしがみつく茜。

茜は母との思い出に包まれて笑顔で死んでいきました。

その後すぐにカコによって皮谷も殺されてしまいます。

翌日の文化祭当日。

学校側は柴田、皮谷と連絡が取れず心配をしていました。

2人揃って無断欠席?
しかもよりによって文化祭当日に?

裕行はカコを思い出し嫌な予感を感じます。

文化祭には葵(裕行の元カノ)も来ており麻希と一緒に行動をしていました。

麻希は気を遣って葵と裕行を2人きりにしてあげることに。

その頃、カコは計画どおり学園祭に潜入し学校の放送室を乗っ取っていました。

「お待たせしました岩野さん。約束通り大ヒントの時間です」

カコは学校のスピーカーからある音楽流し始めます。

それは葵が大学の時初めて作った曲でした。

6年前、大学3回生の春。

裕行と葵は学科は違いましたが、たまたま取っていた一般教養の授業が一緒で友達になります。

そして出会って一年が経った頃、裕行は葵に告白。

2人は付き合うことになります。

美紗子とは葵と出会う1年ほど前に出会っていました。

でもこの頃は挨拶をかわず程度で葵の友達という関係。

まさか数年後結婚するなんて思ってもいませんでした。

裕行には小説で食べていきたいという夢がありました。

「昔から何かが足りないんだ。満たされたくて多分書いてるんだと思う」

葵もまた音楽で成功したいと思っていたので、2人は卒業したら一緒に東京で住むことに。

自分のしたいことを分かってくれて、尊重してくれて裕行は嬉しく思っていました。

しかし裕行はうまくいかず、葵の方が先にデビューが決まります。

裕行は劣等感に耐えられずついに葵に別れを告げます。

「ヒロくんが世に出られへん間は私が食べさせたる!!ヒロくんの才能は私が一番・・・」

すがる葵ですが、裕行は一方的に別れを告げ逃げるように家を出て行きました。

裕行は当時のことを葵に謝ります。

「一つだけ訊かせて。美沙ちゃんの何が良かったん?」

裕行は美紗子といることで足りない何かが満たされたのです。

満たされた裕行に小説は必要なくなり教師になったのでした。

その時、流れていた曲が終わり当時録音されていた裕行と葵の会話が流れ始めました。

裕行は急いで放送室へ。

しかしカコはもう放送室にはおらず鍵もかかったまま。

誰も放送を止めることができません。

学校中に2人のヤっている声が響き渡ります。

11月5日、益高文化祭。

この日、岩野裕行は役をひとつ失うことになりました。

教師という役を。

5巻へ続く

感想

今巻は茜がカコに殺されるまでの顛末、葵と裕行の過去、文化祭での謀略という内容でした!

裕行に”大ヒント”として提示されたとんでもない音源。

なかなかえぐいヒントでしたが、カコもその頃なんらかで関わっていたということでしょうか。

まだまだカコが何者なのが予想できず続きが気になります!

漫画を読みたい方は、無料で読む方法を参考にしてくださいね♪

⇒監禁嬢4巻を無料で読む方法はこちら