進撃の巨人25巻ネタバレ

今回は進撃の巨人最新刊である25巻を無料で読む方法を紹介したいと思います。

誰でも出来るので是非、使ってみて下さい。

無料で読めるのはココ!!

早速ですが使うのはU-NEXTというサイトです。

大手上場企業が運営する漫画などの電子書籍や映画などを配信してるサイトです。

U-NEXTトップページ

ここの無料特典を使うことで、進撃の巨人は完全0円で読むことが出来ます。

それがこれです。

U-NEXT特典

31日無料で使えて600円分のポイントで漫画が買える!

このポイントで、進撃の巨人を買うことが出来ます。

ちなみに、ポイント購入した漫画はスマホにDL出来ますし、解約後も読むことが出来ました。

勿論、映画やドラマも見れますし気に入らなければ、31日以内の無料期間中でも解約出来るので、安心して試してみて下さいね。

⇒さっそく進撃の巨人を無料で読んでみる!

25巻ネタバレあらすじ

進撃の巨人25巻ネタバレ

マーレに潜入しているエレンの前にライナーが現れます。

そして、歴史の経緯を話始めました。

時を同じくしてエレンが隠れる部屋の下ではタイバー公が軍幹部や民衆に向けて演説を始めます。

100年前、巨人の力で世界を支配していたエルディア帝国。

その被害者は今の人類が3度絶滅するほどの量だったのだとか。

そうして敵を殲滅したエルディアは今度は同族同士で殺し合いを始めます。

それが世にいう巨人大戦。

ですがそんな時も長くは続かず英雄へーロスとタイバー家の策略によりフリッツ王はパラティ島に追いやられます。

しかし王は今だに巨人の力を有しておりそれを恐れたマーレは4体の巨人を島に送り込んだのです。

それがライナーたちでした。

まだ幼い子供が4人、彼らもまたマーレを救おうとしただけだったのです。

ですが真実は少し違い、フリッツ王こそがへーロス本人だったのです。

同族同士て争うことに嫌気がさしたフリッツ王はタイバー家と結託することで自らエルディア帝国の歴史に終止符を打ったのです。

そしてマーレがエルディア人の殲滅を願うのなら甘んじて受けようと誓います。

それほどまでに自分たちが犯した罪は重いものだと・・・

ですが、それまでの間は束の間の楽園を享受したい、と壁の中の世界を作ったのです。

しかし、それらの均衡が壁内で起こった反乱よって淘汰され、世界に再び危機が迫っているとタイバー公は言います。

「その反逆者こそがエレン・イェーガー!!」

島の壁には幾千万もの超大型巨人が眠っておりエレンの力を使えばすぐにでも世界を更地に出来ると説きます。

マーレからすればエレンはただの悪者にしかすぎません。

ですがエレンもまた、あの日、目の前で母を巨人に食べられてから、マーレは悪者にしか見えなかったのです。

「俺は進み続ける。敵を駆逐するまで!!」

タイバー公がパラディ島への宣戦布告を声たかだかに叫んだその時!!

後ろの建物から巨人化したエレンが出現します。

そして、タイバー公は一瞬にして肉片に変えられてしまうのでした。

多くの民衆が逃げ惑うなか、エレンは軍隊が未収してしている場所にダイブし押しつぶします。

一般人にも多数の死傷者が出ていいますがお構いなしに暴れまわるエレン。

しばらくして、戦槌の巨人が現れ、激しい戦闘へと突入します。

軍も押収した対巨人野戦砲を使い、反撃を開始しました。

戦況は悪く頭を吹き飛ばされてしまった進撃の巨人。

エレンの身体が露になってしまいます。

ですがエレンに焦る様子は無く。

「今ミカサ」

その言葉と共に、新しい空中機動機を取り付けたミカサが戦槌の巨人に襲い掛かります。

それと同時に軍にも襲い掛かる影が!!

「みんな来てくれたんだな」

一気に形成は逆転し、次々に制圧していきます。

ミカサはエレンに島に帰ろうと説得しますが、エレンに止まる気はありません。

先頭は激しさを増し、顎の巨人も参戦します。

それを止めたのは人類最強であるアッカーマン(リヴァイ)でした。

程なくして、敵の巨人軍も集結し全面戦争へと突入します。

26巻へ続く

まとめと感想

やっと本編が動き出しましたね!!

エレンはかなり残虐な性格に変わっているようで、ミカサの言葉も届いていませんでした。

他の皆も容赦なく軍人を殺していたので、かなりの殺戮集団と化しています。

この戦争の結末はどうなるのか、続きが気になり過ぎますね。

進撃の巨人の漫画は誰でも無料で読むことが出来るので、この方法を使ってみて下さい。

⇒進撃の巨人を無料で読む方法まで戻る