スクリーンショット 2016-03-30 11.30.37

度々お世話になっているebookjapanさんでテンプリズムが4巻まで無料で公開されていたので早速読んでみました!
かなり面白かったので無料期間が終了する前に読んでおいてくださいね♪
さっそく無料でテンプリズム

テンプリズムあらすじ

巨大な鳥に捕まり戦う一人の騎士

その相手は騎士の鳥よりはるかに巨大な鎧をきた悪魔だった。

ここは今よりはるか未来か過去か・・・人々が自然とともに暮らしていた時代の話

悪魔がはびこるこの世界で人間はちっぽけな存在だった。
戦いは連敗続き、そんなとき預言者があることを告げる

「金色の目(ゴールデンアイ)を持つ救世主が現れる」と・・・

隣ん国ではまだ悪魔の手は及んでおらず平和な生活が続いていた。
鍛練する剣士が二人、そのうちの一人は眼帯をしていたがその眼帯は取ろうと思っても取れず片目の男はいつも試合で負けていた。

「ツナシ王子」世話係がその眼帯の男に声を掛ける。

そうこの男の子はカラン王国での生き残りの王子で再建を期待されている御曹司だったのだ。

しかし王子は皆の期待にこたえるのが面倒で逃げてばかり、しかしある時自分に従えている家臣が自分がいかに有能で信頼して使えていると言うことを聞き心機一転、王子としての修行に励むのだった。

そんな時、隣国を攻め落とした「骨(グウ)の国」が今にも攻めむだろうという情報とともに師匠の裏切りが発覚!

追いつめられた王子の眼帯は外れ本当の力が開花するのだった。

師匠に勝った王子しかしそれは師匠が自分の事を思っての行動だったのだ。
師を無くした王子は師の頼みでもある骨の国と戦う決心をするのだった。

そんな時、師匠の予想通り骨の国の兵士たちが押し寄せてくる。
王子は目の力を開花させ、一団を壊滅させることに成功する。

しかしそれは氷山の一角にすぎなかった。

国の3分の2が骨の国の支配下にある今、王子は救世主となることができるのか!?

まとめ

結構面白くって4巻まで一気に読んじゃいました!!
スマホの人はまんが王国の方が読みやすいと思いますの「テンプリズム」で検索してみてくださいね。もちろん4巻まで無料公開中ですよ♪

>>テンプリズムを無料でよ良む<<