マンガ版の転生したら剣でしたの2巻ネタバレあらすじを書いています。

この漫画は1冊丸ごと無料で読むことも出来るので漫画版を読んでみたいという人はこの方法を試してみて下さい。

⇒転生したら剣でした2巻を無料出読む方法
転生したら剣でした2巻ネタバレ

7話|ガルスじいさん

「そのインテリジェンスウェポンと話をさせてくれんか?」

自分の正体がバレていると知った師匠はさっそくこのドワーフを鑑定します。

それで分かったのはこのガルス爺さんは熟練職人でエクストラスキル神眼を持っているので鑑定遮断では全ての情報を防ぐことが出来なかったのです。

ガルスによると師匠はナマクラなんかでは無く魔剣に匹敵するすごい剣だそうでそれは魔力伝達率が証明していました。

ミスリルの上物がCに対し師匠はA、伝達率は200%にもなり魔力を100纏わせると攻撃力は200アップするのです。

これほどの武器を作ることが出来るのは世界に5人しかいないと言われている神級鍛冶師しかいないらしくその鍛冶師が作った最高傑作の神剣は魔力伝達率SSのバケモノなのだとか・・・

正体ばバレたついでに持て余していた素材を提供しそれでフランのさらに良い装備を作ってもらう様に依頼します。

師匠の鞘も一緒に作ってくれるようでそれは三日後引き取りに来る約束しました。

後は下着やアイテムなんかを買って宿へと向かいます。

奴隷生活が長かったからか普通の宿でしたが興奮するフラン、無垢な眼差しで改めてお礼を言われると師匠は”この娘のためにこの世界に来たんだ”と確信したのでした。

8話|百匹斬り

翌日、フランは冒険者ランクを上げる為、薬草刈をしていました。

というのも最低ランクであるG冒険者は地味な依頼しか受けることが出来ず必要回数のクエストをクリアすることでさっさとランクを上げてしまおうという作戦なのです。

その途中、他の冒険者がゴブリンに襲われているのを発見し助太刀します。

上位種も含めた13匹ほどでしたが戦闘に慣れてきたフランは危なげなく倒しきります。

助けた冒険者によるとこの数はゴブリンスタンピード前触れらしくすぐにギルドに連絡に行きます。

フランはもう少しここで実践を積みたいと思いその場にとどまりました。

ゴブリンスタンピードとはごくまれに生まれるゴブリンキングなどの上位種によってもたらされる群れのことで驚異的な繁殖力で上位種を生産していき町などに大群が押し寄せることなのです。

最後の一匹が呼笛で仲間を読んでおりすぐに大量のゴブリンがやって来ました。

急成長していくフランでしたが流石に数が多く攻撃を受けることもありました。

師匠が回復し何とか戦えたものの既に生きは上がっており引き返すように説得します。

しかしフランは借り物の力では無く本当の力を手に入れる為にも場数を踏みたい。とその場にとどまり全てのゴブリンをぶった斬るのでした。

9話|神と迷宮

その後、ゴブリンの住処を見つけたところでギルドに報告に戻っていた冒険者が仲間を引き連れて戻ってきてそこに迷宮が出来ているのを突き止めます。

このまま突入するのは危険ということでフランは装備を整える為にも一度街へ戻ります。

ガルスに防具を修理してもらいギルドマスターに事情を説明するとすぐにフランはFランクまで上げてもらう事が出来ました。

というのもギルドが緊急招集をかけれるのはランクF以上の冒険者でフランはそれに該当しないからです。

既に上位冒険者クラスの実力を持っているのでその力を借りたいというのが本音でした。

迷宮(ダンジョン)は混沌の神が作り出した人間への試練場と言われており突然出現するそうでその中にはダンジョンコアというものが存在します。

コアが発生したとき近くにいた生物が混沌の神の眷属になりダンジョンマスターとして迷宮を管理する知恵と力を授かるのです。

古い迷宮には希少な魔獣やお宝が存在し一攫千金を夢見て挑戦する冒険者も後をたたないのだとか。

今回は街の近くにダンジョンが出来たということで明日、討伐隊を編成し攻略に挑むこととなるのでした。

10話|ゴブリン迷宮攻略

ギルド試験官であるドナドロンドを筆頭に集められた冒険者たち

フランも昨日のうちに防具を修理してもらい参加している。

ついでに師匠専用の鞘も仕上げてくれていた。

作戦の概要を説明するドナドロンドでしたがその間にダンジョンから大量のゴブリンが出現します。

寄せ集めの冒険者なので連携が取れておらずこのままではマズイと思った師匠はフランをダンジョン入口へ行かせます。

特大魔法をお見舞いし後続のゴブリンを絶てば何とかなるだろうと単身ダンジョン内に侵入します。

もしもの時は大金をはたいて買った転移の羽根で逃げ帰ることが出来るからです。

奥へと進むとギルドの予想通りキングとクイーンが存在していたのですが師匠の牽制魔法であっけなく死んでしまうのでした。

しかしダンジョンはさらに奥に広がっており進むと重厚な扉がありました。

中に入ると大量の虫魔獣が襲ってきましたがどれもレベルが低く相手になりません。

ある程度フランが戦った後、師匠の魔法で一掃すると隠し通路が現れます。

師匠によると平原の主より巨大な魔力がするようですがフランに迷いはありませんでした。

11話|上級悪魔

フランが最深部に向かったころドナドロンドも扉の前に到着するのですが今は固く閉ざされているようです。

ありったけの援護魔法をかけ敵の元へと向かうフランの前に現れたのは脅威度Bに相当すると思われるグレータデーモンだった。

その後ろにはダンジョンマスターと思われるレアゴブリンもおりこちらは魔獣を使役する力意外は特に目立つところは無い様だ。

グレータデーモンは自分の剣を取り出すと早速襲い掛かってくる。

剣術スキルはフランが上だがスキルを使いいとも簡単に両腕を切り落とされてしまうフラン

すぐに師匠がリカバリーし回復したおかげで何とか繋がったが完全に格上だと分からされてしまう。

撤退するなら今しかないと助言する師匠ですがこのまま逃げ帰ると町に沢山の被害が出ることは容易に考えられる。

「だから力を貸して師匠・・!!」

少女は自分の持つ最強の剣を一点の曇りもなく信じるのでした。

⇒転生したら剣でした2巻を無料出読む方法