東京喰種:re 16巻ネタバレ

漫画版、東京喰種:reがついに完結しました!!

今回はその16巻を丸ごと無料で読む方法を紹介しています。

16巻は大ボリューム版としてちょっとお高く、700円以上もするのですがここで紹介している方法なら完全0円で買えるのでかなりおススメです。

ではさっそくその方法を紹介します。

東京喰種:reを無料で読む方法

この方法を使うことで約1300円分の漫画を無料で読むことが出来ます。

使うのはFODというフジテレビのオンデマンドサイトです。

このサイトには漫画をはじめとする電子書籍が豊富に揃っています。

もちろん東京喰種:reも配信されていました。

東京喰種:re完結FOD

これを無料で読むにはこの特典を使います。

FODの無料特典

この特典は1カ月間、月額料金が無料で使えて更に、漫画に使えるポイントが1300円分貰えるというものです。
※ついでに動画や雑誌も見放題です。

もちろん東京喰種:reの購入に使えるので、完全0円で手に入れることが出来るんです。

特典を受ける条件もかなり緩くて、初回登録なことと、Amazonアカウントで登録することだけ。

いつも使ってるAmazonでログインするだけなので逆に登録が省けて楽でした。

漫画はスマホ読むことも出来ますし、月額コース解約後も読むことが出来ます。

もちろん月額コースはいつでも解約出来ます♪

実際使ってみましたがデメリットは無いので一度試してみて下さいね。

⇒東京喰種:reを無料で読んでみる!

16巻のネタバレあらすじ

東京喰種:re 16巻ネタバレ

卵管の捜査を進めるにあたり、落とし児に毒をもつ個体と持たない個体がある事が判明。

その内、毒をもつ個体は特定の卵管付近に集中していることが判明します。

”毒の元を絶つ”

この作戦に志願したのはカネキです。

ですがいくら毒の耐性があるカネキでも現場にはどんな危険が潜んでいるか分かりません。

そんな話をしていると敵に襲撃されてしまいます。

しかし逆に、今敵が攻めてくると言うことは卵管を調べられたくないのだとも取れるのでカネキは卵管の調査を進めることにします。

少数精鋭ということで同行するのは米林ただ一人。

その間他の隊員たちは敵を引き付けることに全力を注ぎます。

各地で戦闘が激化していく中、敵はフクロウを繰り出してきました。

対フクロウ戦に最も経験がある郡に討伐が命じられ貴将なき今、自分がやらねばと奮い立たせます。

優勢に傾きかけていた戦況ですが郡がフクロウの首を落としたことで第二段階が始まります。

これまでより更にフクロウが強力になりダメージはほとんど受けていないようです。

このままでは全滅もあり得るので作戦を変更します。

フクロウの動向から操っている人物がいると推測し先にそっちを叩くことにしたのです。

向かったのは鋼太郎、迎え撃つのは育ての親、ドナートでした。

連はもう1人の敵、ウタと対峙します。

今でも友だという蓮示の言葉もむなしくウタはずっとこの時を待ち望んでいたようです。

「僕、ずっと君を喰べたかった。」

ウタはまだ戦おうとしない蓮示に容赦なく襲い掛かります。

宣言通り、蓮示に喰いつきます。

流石に蓮示も本気を出さざる終えなく

特大のカミナリをお見舞いするのでした。

満身創痍のウタに蓮示はこの世界にも希望はある事を伝えます。

そして、喰いたいならまた来ればいい。と友を許すのでした。

少し離れた場所では、亜門とドナートが闘っていましたがどうも亜門は本調子じゃないようです。

その理由は彼の奥底に眠るドナートに対する感情からでした。

”分かっていたけど無視し続けてた・・・”

”愛していたんだ、ドナートを・・・”

自分の気持ちを理解し認めたことで彼の剣はドナートを捕えます。

首を飛ばされたドナートの最期は近く、亜門は幼いころ自分が受けた優しい思い出を懐かしみます。

「俺にはあの場所で過ごした日々が大切でたまらない」

「お前が悪人で殺人鬼で最低の男だったとしても、息子が父親を愛して何が悪い・・・」

「父親か、傑作だ!はははははははは・・・・」

ドナートは事切れるまで涙を流しながら笑い続けるのでした。

その頃、カネキは旧多が待ち構える最深部にまでたどり着きます。

容赦なく攻撃を開始するカネキ、しかし無能だと思っていた旧多は実はかなりの実力者だったのです。

死闘を繰り広げる二人、旧多はドンドン化け物のように体を変化させていきます。

しかし本気のカネキには敵わず、ついに死力を尽くすのでした。

「普通に生きたかったなんて言ったら嗤いますよねぇ」

旧多は叶わなかった日常を思い描き逝きました。

カネキは最後の仕上げに卵管の核がある場所へと向かいます。

ボロボロにたどり着いたその先でに会った彼女。

「ごめんなさい。あなたを殺します。リゼさん」

核を失ったことで卵管は崩壊を始めます。

トーカは只々、カネキの無事を案じます。

それから6年、2人の子供は無事生まれカネキもあの日、瀕死の状態になりながらも今では何気ない日常を過ごすことが出来ています。

親子三人で晴れやかな空のした散歩をする、そんなことに幸せを感じるのでした・・・

感想とあとがき

全体的な流れだけしか掛けませんでしたがエピローグではそれぞれのその後が事細かに書かれています。

こんなキャラまで!!というほど書かれているのでマンガ版も是非、読んでみて下さいね。

取り合えずグールはこれで完全完結のような終わり方で前作から読んでいましたが最後まで書ききってくれて良かったです。

何だかんだ読み続けていました(笑)

最終巻は少し高いですがこの方法なら無料で手に入れることが出来るので、使ってみて下さい。

⇒東京喰種:re を無料で読む方法