アルキメデスの大戦2巻無料

アルキメデスの大戦の漫画をどの巻でも2冊分無料で読む方法と、2巻のネタバレ感想を紹介します。

2巻のネタバレの前に、まずは無料で読む方法から説明しますね。

アルキメデスの大戦を無料で読む方法

この方法を使うことで約1300円分の漫画を無料で読むことが出来ます。

使うのはFODというフジテレビのオンデマンドサイトです。

このサイトには漫画をはじめとする電子書籍が豊富に揃っています。

アルキメデスの大戦も最新刊まで全巻配信されていました。

アルキメデスの大戦全巻無料

これを無料で読むにはこの特典を使います。

FODの無料特典

この特典は1カ月間、月額料金が無料で使えて更に、漫画に使えるポイントが1300円分貰えるというものです。
※ついでに動画や雑誌も見放題です。

もちろんアルキメデスの大戦の購入にも使えるので、完全0円で手に入れることが出来るんです。
(1冊600円なので2冊分無料)

特典を受ける条件もかなり緩くて、初回登録なことと、Amazonアカウントで登録することだけ。

いつも使ってるAmazonでログインするだけなので逆に登録が省けて楽でした。

漫画はスマホで読むことも出来ますし、月額コース解約後も読むことが出来ます。

もちろん月額コースはいつでも解約出来ます♪

実際使ってみましたがデメリットは無いので一度試してみて下さいね。

⇒アルキメデスの大戦を無料で読んでみる

※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を読めます。

次にネタバレです!

あらすじ

1933年、日本でも海軍力の増強を図るべく新型戦艦建造計画が立ち上がり、対立する航空主兵主義派と大鑑巨砲主義派の2陣営が7設計採取を争うことになりました。

櫂は主計少佐として海軍省経理局に勤めることになりますが、内部局員には敵対視され、また肝心の資料も藤岡の記憶を元に再現した概算要求しかありませんでした。

そこで櫂は横須賀鎮守府に向井、戦艦「長門」に乗艦します。
そして艦長室にあった図面を盗み見し、さらに艦内の実測を行い、必要な知識や数字を集めたのでした。

2巻|ネタバレ

櫂は戦艦「長門」の設計図を作り始めます。

長門の構造から平山案を導き出すためです。

平山案の新型戦艦の見積もりを算出するためには、設計計画を把握しなくてはいけません。

そのためにはまず戦艦の基本構造を学ぶその教材の役割を「長門」に担ってもらうと考えたのです。

(さあ出てこい長門!)
(俺が手で測り記憶に刻み込まれたあの怪物よ!)

(俺の目の前にもう一度姿を現せ!)

一方、海軍省では櫂の行動を不気味に感じ、用心をして櫂を封じ込める手を打つことに。

身辺調査の結果、櫂がこの秋に帝大を退学になっていたと知ります。

高任中佐は理由を調べるため、櫂が直前まで家庭教師をしていた尾崎財閥の娘の家を訪ねることになります。

娘からは何も聞くことができなかった高任中佐は、櫂を中傷するデタラメなビラを海軍省中に撒き散らします。

省内で好奇の目に晒されながらも、櫂は平山案の設計図を黙々と描きあげていき、見事に図面を完成させることができます。

これでどれだけの装備品が搭載されているのかが分かるのですが、それだけでは不十分でした。

各装備品の正確な調達価格と建造にかかる人件費計算が必要です。

何にいくらかかるのか、戦艦を造るために必要なあらゆる材料の調達値段を参考にして完璧な見積もりを作るためには、価格表を手に入れなければなりませんでした。

そんな中、尾崎財閥、嶋田少将、平山造船中将、この3人の間で駆逐艦発注に関わる密約が交わされていたと知る櫂。

おそらく、新型戦艦建造計画を通すためでしょう。

「なんとなく掴めてきたぞ。平山案の見積もりが破格に安い訳が・・・。」

しかしあくまで櫂の推理であり、なんの証拠もありません。

確証が掴めない段階で動くのは得策ではないと考え、駆逐艦の件は隠し球として取っておくことに。

今櫂たちが優先すべきことはあと1週間で平山案がいくらかかるか算出すること。

そのためにはやはり価格表が必要でした。

櫂は大阪の造船会社の社長・鶴辺の協力を得て、軍艦の受注の際かかった経費を記載した帳簿を見せて貰えることになるのですが、嶋田少佐の画策で会議の開催日時が大幅に前倒しされてしまいます。

新型戦艦建造計画決定会議まであと16時間。

無謀とも思えた計算ですが、櫂は自身の天才的な数学の閃きから導き出した特殊な方程式を駆使し、会議の終了直前についに真の建造費を明らかにすることができます。

「これが平山造船中将計画案の本当の建造費だ!」

櫂の計算だと提出した予算の見積もり6890万の倍以上の金額です。

しかし対立陣営は言葉巧みに追及をかわし諦めようとしません。

そこで櫂は切り札として取っておいた建造費に関する密約を告発します。

「新型戦艦建造にあたり、尾崎造船と密約を交わしているのではありませんか?戦艦は安く造らせて駆逐艦を高い値段で発注するというような・・・。」

櫂の発言に嶋田少将は・・・!?

3巻へ続く

感想

話のスケールは大きいのに、テンポが良く展開がどんどん進むので面白いです。

2巻目にして当初の目的であった戦艦建造計画採用会議の本番に突入!

コンピュータの無い時代に統計学的な手法で式を算出していく主人公には凄いとしか言いようがありません。

優秀な人って信じられないくらいに優秀なんだろうな。

櫂少佐に協力してくれた鶴辺社長が、まるっきり笑福亭鶴瓶さんそっくりで和みました(笑)

ネタバレでは省略している部分が多いので、ぜひ漫画の方も無料で読んでみて下さいね♪

⇒アルキメデスの大戦2巻を無料で読む方法はこちら