殺し屋イチ6巻無料

殺し屋1(イチ)の漫画を無料で一気に数冊分読む方法と、6巻のネタバレ感想を紹介します。

凶暴な双子・二郎と三郎を助っ人に呼んだ垣原。
垣原はイチの居場所を知る為ジジイ率いる「破門グループ」の一員である中国人の龍を見つけ出そうと動き出します。

見つかってしまった龍は・・・!?

ネタバレの前に、漫画を無料で読む方法から説明しますね♪

殺し屋1(イチ)を無料で読む方法!

今回はクランクイン!コミックというサイトを使って無料で読みました。

殺し屋1(イチ)全巻無料

あまりなじみのないサイトだったので、使う前に色々と調べてみたので、まとめておきます。

  • 大手の大企業が運営
  • 運営会社はブロードメディアという上場もしてる大手企業です。身元がしっかりしてると使う方としては安心できますね。

  • 初回登録は14日間無料
  • 初めて使う人は全員がこの特典を受けれるので気軽に使い始めることが出来ます。

  • 初回登録で3000円のポイント
  • 初回登録特典として1,000円分のポイントが貰え、さらに月額990円(税込)のプランを無料体験することで2000円分のポイントを貰うことが出来ます。
    ※もちろん無料体験中に解約すれば料金はかからないので完全無料です。

殺し屋1は完結まで全巻配信されているので、貰ったポイントを使えばポイント分無料で読むことが出来るんです!

管理人実証済み!解約も簡単にできるので、まだ利用したことがないという方は一度試してみて下さいね♪

⇒殺し屋1を無料で読んでみる

6巻|ネタバレ

カレンに頼み龍に貢いでいる女・ミユキを見つけ出すことができた垣原。

垣原はさっそく二郎と三郎をミユキの元へ送ります。

危機を感じたミユキは、二郎にスタンガンをあて気絶させるのですが、三郎に捕まってしまいました。

龍の居場所を吐かせる為、二郎たちはミユキの乳首を斬ったり、殴ったりするのですが、なかなか口を割りません。

そこでカレンはミユキの携帯を使い、声が似ている女に頼み龍を呼び出します。

外出禁止と言われていた龍ですが、昇も寝ていたので少しだけ外出することに。

呼び出された場所で二郎たちに捕まってしまった龍。

龍はミユキが双子に犯されている前で、二人から交互に拷問を受けます。

数々のとんでもない拷問を受けても口を割らなかった龍ですが、ミユキが殺されそうになった時「ミユキには手を出さない」という約束でアジトの場所を垣原に教えてしまいます。

さっそく金子をアジトへと走らせる垣原。

龍に「女を扱う才能がない」と言われ、腹を立てた二郎は龍の下半身を潰し、それに対向した三郎は龍を刺して殺してしまいます。

「ミユキ、ごめんね」これが龍の最期の言葉でした。

ミユキが号泣する中、双子は今回の”悲鳴勝負”でどっちが勝ったか争っています。

ヒートアップする双子を止めたのは垣原でした。

しかし二郎は怒りが収まらずその怒りをミユキに向けてしまいます。

結局ミユキは二郎に殺されてしまいました。

双子の勝手な行動に腹を立てた垣原は、双子の手に針を刺し「邪魔すんじゃねぇ」と睨みつけます。

緊迫した空気が流れますが、双子はあっさりと頭を下げて謝ります。

その頃、ジジイから危機を知らされた昇はジジイの言う通り、アジトから逃げ出そうとします。

しかし目の前にはもうすでに金子が銃を構えていました。

昇は持っていた銃で金子めがけて発砲します。

すると金子は腰を抜かして震えてるではありませんか。

昇はその間に外へと逃げるのですが、外では垣原が待ち伏せていて捕まってしまいます。

昇は垣原に銃を向けるのですが、弾が入っていないことを見抜かれてしまいます。

お互いに銃は持っておらず、殴り合いのタイマン勝負に。

格闘技をかじっていただけあり昇の方が押していますが、垣原は何度殴っても起き上がってきます。

打たれ強く、暴力を振るうたびに強くなっていくのが垣原の怖さでした。

その気味悪さに圧倒され、絶望を感じ出す昇。

そこに金子がやってきて昇の頭に銃を突きつけます。

絶体絶命の大ピンチをジジイは陰から見ていて・・・!?

感想

今回も圧倒的な暴力に震えました。

拷問シーンは思わず目をつぶってしまうほど痛々しいです。

でも怖い物みたさで読んでしまう人の1人です(笑)

龍とミユキには愛を感じて切なくなりました。

二人には向こうで仲良くして欲しいなぁ。

漫画を読みたい方は、ぜひ無料で読む方法を参考にしてくださいね♪

⇒殺し屋1(イチ)を無料で読む方法はこちら