ブトゥームの最新21巻が発売されましたのでさっそく読んでみました。

遂に現れた大ボスのシュヴァーリッツ!!

拮抗する竜太救出作戦は遂行することが出来るのでしょうか!?

そして追いつめられた竜太は!?

さっそく見ていきましょう♪

⇒ブトゥーム最新刊を読むならこちら

BTOOM!ブトゥーム|21巻ネタバレあらすじ

%e3%83%96%e3%83%88%e3%82%a5%e3%83%bc%e3%83%a021%e5%b7%bb

シュヴァーリッツ、世界中の有力企業を牛耳る闇の支配者にしてこの狂ったゲームを作らせた張本人!!

その男が今、ブトゥームの中枢へと足を運んできたのだ。

飯田はすぐさまペリエに報告を入れる。

メインサーバーに侵入しシステムを上書きしようとしたのだったがシュヴァーリッツ側のエンジニアに阻まれてしまう。

すでにこちらの計画は筒抜けのようだったがそれでも引き下がることは出来ない!

飯田はエンジニアに銃を突きつけた・・・

その頃、吉良は凶暴なトカゲに囲まれ絶体絶命のピンチに命を諦めかけていた。

しかしそこに流れ込んできたのは坂本の「にげんなよ!」とう言葉!!

”SAKAMOTOを超えたい!!”その思いだけでボロボロの体を突き動かすのだった。




竜太は朦朧とする意識の中でヒミコの涙を見ていた。

”これがヒミコ?彼女とこんなこと!?”

非現実的な状況にいまだ正気を取り戻す気配は無い・・・

ヒミコは自分の恐怖を押し殺しただ竜太と一緒に生き残るためだけに自分の身を捧げる。

その健気な姿を見た坂本は遂に正気を取り戻すのだった!!

二人に真の愛情を見せつけられた吉岡は逆上し坂本を殺そうと銃を向ける。

しかし、敵の接近を告げるソナーが坂本を救った!

近づいてきているのは3人、そのうちの一人は吉良だった・・・

飯田は遂にブトゥーム本部を銃で脅し制圧するという暴挙に出ていた。

しかしシュヴァーリッツの護衛を一人で押さえつけることも出来ず反撃されそうになるがそれを救ったのが竜太の義父だった。

シュヴァーリッツ本人を人質に取ると場を掌握、かかってくるものには容赦なく発砲した。

さらにメインシステムをペリエが乗っ取ることに成功し、護衛を含めたシュヴァーリッツ以外に埋められている青酸カリ入りの毒薬、キラーチップの操作権限を得たのだった。

さすがに身を投げ打ってでも反抗しようという者は少なく救出作戦は一気に加速していく。

島ではSAKAMOTOに狙いを定めた吉良が迫っていた!

どう頑張っても坂本以外に吉良をまともに相手にすることは出来ないだろう。

限定されたBIMだけを渡され解放される坂本、もちろんヒミコが人質として取られているので吉良を殺す以外に方法は無い。

しかし再び対峙した吉良はそれまでとは見違える動きで坂本を圧倒した。

「ありがとうお姉さんのおかげだよ」

吉良はここに来る前、仲間として行動していた樋口を殺していたのだ。

まさしく悪霊に取り付かれたといっても過言では無いほど覚醒した吉良は止めようが無かった・・・

その時、チップから「全員そこまでだ!!」とゲーム中止を促す音声が流れた!!

これから救助に向かうと話す飯田、しかしそれで吉良が止まる筈が無かった。

そしてシュヴァーリッツ側も・・・

救出へ向かうペリエの元に、討伐舞台としてドローン部隊、サビエラを派遣するのだった。

ブトゥーム21巻|まとめ・感想

遂にブトゥームも佳境に差し掛かりましたね!!

最期までにはもうひと波乱ありそうですが次巻では吉良との因縁の対決も決着するでしょう。

これまでの最大の的であろうサビエラを前に坂本はどんな戦略を繰り広げるのでしょうか!?

ブトゥーム22巻が発売され次第続きを書いていきますね♪

⇒ブトゥーム最新刊を読むならこちら