BTOOOM26巻

人気漫画のBTOOOMブトゥームが完結したのですがなんと最終巻の26巻はLight版とDark版の2種類があります。

今回はこの二つの結末の違いをネタバレしていきたいと思います♪

再開されてしまったゲーム。

最後の戦いは織田VS坂本・吉良・ヒミコ

ペリエの協力により2人が戦う意味はすでにありませんが織田は逃亡生活よりも母親と気兼ねなく暮らせる日常を手に入れるためゲームをクリアするつもりです。

一方ペリエたちもドローン相手に奮闘していました。

負傷者を出しながらも次々とドローンを撃破していきます。

果たしてそれぞれの決着とは!?

⇒1300円分の漫画を無料で読む方法

Light版の結末|最終回ネタバレ

BTOOOM26ライト

織田の猛攻に対して今だに説得を続ける坂本。

しかし織田の心は決まっているようで最後は殴り合いで決着を付けようと言います。

一方的に殴られる坂本は織田が自分にコンプレックスを抱いていたことを知ります。

全てを終わらせようとホーミング式を構える織田ですがそこへヒミコと吉良がやってきます。

お互いホーミング式を構え一触即発の状態で坂本が叫びます。

「織田を撃て!ヒミコ!!」

その声はまさにゲームのBTOOOMでチームを引っ張り勝利に導いた自信に満ちた声でした。

坂本を信じホーミングを撃ったヒミコ。

それに応戦するべく織田もヒミコと吉良に向けてホーミングを放ちます。

吉良は状況を素早く察知しホーミングを相殺しヒミコを守り抜きます。

坂本は隠し持っていたバリアー式を展開し爆発を防ごうとしますがそれをあらかじめ読んでいた織田もそれに入ろうと駆け込みます。

しかしそこで待ち構えていたのは全力で拳を振りかぶる坂本でした。

わざと自分のバリアーへとおびき寄せ、強烈なカウンターをくらわせたのです。

逃げ切れなかった織田の左足をホーミングが吹き飛ばし、勝負は決するのでした。

ペリエの方もドローン部隊の制圧に成功しゲームを外から操っていた女、三田村も毒薬で始末します。

ゲームをリアル配信で見ていたノーティマーという巨大資産家が介入したいと言い出しプログラマーでもあった飯田を気に入ったことで総帥はゲームから手を引くことを決めます。

時を同じくしてペリエの特殊部隊も敵の制圧に成功し脱出用の潜水艦を島に呼び寄せます。

坂本たちはそれに乗りペリエの手引きによって某国へ亡命。

命の危機にさらされている両親と一緒に暮らせるように呼び寄せてもらいヒミコと結婚することを報告するのでした。

Dark版の結末|最終回ネタバレ

ブトゥームダーク

織田と最期の勝負をすることを決めた坂本。

ヒミコと吉良は織田に囚われていた輝夜たちを救出しペリエと共に島からの脱出を図ります。

それをゲームクリアを目指している織田に見つかってしまいあわや全滅かと思ったその時、坂本が駆け付けます。

仲間を守るため、坂本が出した答えは自己犠牲でした。

織田、坂本両者の足元にリモコン式が設置され一触即発の中で彼は先に起爆スイッチを押します。

負けじと織田も起爆スイッチを押すのですが後ろにいるヒミコらを守るため坂本はバリアー式を起動させ自分もろともBIMを閉じ込めたのです。

結果は両者相打ち!!坂本を守ろうとしたのか輝夜も最後の力を振り絞り絶命。

ゲームは終了!!勝者はヒミコ、吉良、上杉の3名となります。

ペリエが島を脱出する前にヒミコはこのゲームの黒幕を知ります。

支配者一族がその権限を守るために犠牲にされたのだと知ったヒミコ。

後日、ゲームクリア者たちの祝典で総帥に呼び出されます。

そこで知らされた事実はヒミコは総帥の娘だという衝撃の内容でした。

本名はヘミリア。そしてゲームで類まれな才能を見せた彼女を一族に加えたいと言い出したのです。

しかしヒミコは竜太の仇を許すことなど出来ず隠し持っていた烈火ガス式を投げつけるのでした。

それにより総帥は死亡、ヒミコは重傷を負うも何とか一命をとりとめます。

しばらくしてペリエを中心としたゲームに携わった人物たちが集結し新たに世界を立て直す組織が結成されるのでした。

⇒1300円分の漫画を無料で読む方法