オキテネムル9巻

オキテネムルの9巻ネタバレです。

この巻で完結なので最終話までのネタバレを書いています。

漫画を読みたい人はこの方法を使うと無料で読めるのでネタバレ前に試してみて下さい。

>⇒オキテネムル9巻を無料で読む方法

9巻最終話までのネタバレ

全てを終わらせるために、準備を整え出撃するカナタ達。

しかし現場に到着するや否や、ネーブの細胞を進化させた新たな兵器らしきバケモノに襲われてしまいます。

その化け物は物理攻撃をまったく受け付けないようでありとあらゆるモノを溶かしは破壊していきます。

カナタの乗った機体は何とか不時着に成功したもののネーブが寸前まで迫っていました。

その窮地を救ったのは博士が作ったネーブ細胞を撃退することが出来る薬剤です。

一時的に撃退は出来たもののこのままではすぐに再生してしまうので一向は巨大ネーブの中心部へと向かう決心をします。

そこには安全地帯が広がっておりおそらく敵のアジトもあると思われます。

一方、外のお偉いさん形はネーブの脅威を人類の脅威とみなしアメリカが強引に核での攻撃を決めます。

もちろんガイチューの局長は猛反発しますがすでに、核ミサイルは発射された後なのでした・・・

一刻を争う事態、カナタたちは何人かの隊員を犠牲にしながらも最深部まで進んでいきます。

そこには装置の中で寝息を立てるエノクの姿。そしてアスの姿が有りました。

「やはり貴様らは私の手によって死ぬ運命らしい」

能力を前回にして襲い掛かってくるアスにカナタとシキが対抗します。

その隙に博士はネーブの核を探しだし止める必要があります。

アスは二人係でも手に負えないほどの次元に達しており、シキの言葉も届かないようです。

このままではやられてしまうのも時間の問題、カナタは自らもリミッターを外そうとします。

一方、博士はネーブの核を目指していました。

薬剤で核をていしさせれば巨大ネーブも活動を停止するだろうと予測しての事です。

そんな目の前に現れたのは息子のように接していた課長ことサトルでした。

彼を救うために作り上げたネーブが今まさに猛威を振るっている。

しかし彼への愛情は本物で博士は薬剤を投げることが出来ませんでした。

その結果、博士を護衛していた部下がやられ、付き添っていた教授までもが体を溶かされてしまいます。

目を醒ました博士はサトルを殴り飛ばします。

しかしそれはあくまで父親が息子を正そうとするそれでした。

「お前なら分かるはずじゃ!!思い出すんじゃサトル!!」

果たして博士の決死の言葉は息子に届くのでしょうか??

その頃、地上では核ミサイルがムーブに飲み込まれます。

爆発どころか汚染すら起きておらず、丁度博士がサトルを殴り飛ばしたことで動きが停止します。

これを好機と判断した局長は装備を整え突撃するのでした。

カナタとシキは奮闘しているものの徐々に追いつめられていました。

明日と対等に戦うために全てのリミッターを解放しようとするカナタ。

しかしシキが止めます。

アスが変わったきっかけこそがリミッターの解放だったと気が付いたからです。

生きるために、守るために自らのリミッターを外したアスでしたがっ頃のリミッターすら解放されてしまったアスは人類への憎悪で満たされてしまったのです。

どんな攻撃も通用しないなら共感力をもってして本当のアスを探す!!

カナタは彼女の深層意識に入り込んでいきます。

アスはそれを排除しようと感情を荒立たせます。

それに反応したのはエノクでした。

「このままじゃお母さんが壊れてしまう」

彼を止めようとしたシキも巻き込み、深層意識に入り込んでしまいます。

幼くなったシキはアスに必死に呼びかけますが無情にもアスは手に持っていた銃の引き金を引きます。

するとそこに飛び込んできたのはエノクでした。

「みんな同じ想いなのにこんなことしちゃだめだよ。お母さん・・・」

彼の最期の言葉はアスを正気に戻します。

カナタ、シキ、アスの戦いは悲しみを残し終結するのでした・・・

博士は必死にサトルに言葉を投げかけ続けますが無情にも崩落してきた瓦礫に重傷を負わされてしまいます。

血だらけの父を見下ろすサトル。そこへレヴィンがやってきます。

「君は誰よりも強い!さぁ君の力で人類を浄化せよ!!」

そんな誘惑の言葉に博士が息を吹き返します。

「惑わされるな!お主なら真の意味で強くなれる筈じゃ。」

無情にもそれが博士の最期の言葉となってしまいます。

しかしその言葉はサトルの胸にしっかりと届いていました。

「僕は強くなったはずなのに、先生の方がずっと強く感じる」

その言葉を最後にサトルは自ら薬剤をかぶりし消滅するのでした。

核が消滅したことで崩壊が始まるムーブ。

タイミングよく突入してきた局長たちの手によってカナタも脱出します。

しかしアスとレヴィンはその場に残ることを決意し、崩落と共に海に沈みます。

数日後、元気な姿となったトキジを見下ろすカナタ。

2人の場所には戻らないと決心したようです。

「シキは俺がいなくなったら寂しいだろ?」

「バッカバカしい、寂しいわけないだろ!」

そんな二人の話し声が青空に木霊するのでした。

-完-

>⇒オキテネムルを無料で読む方法