報復刑という漫画が無料で読めました!!

この方法は誰でも出来るしスマホでOKなので情報をシェアしておきますね♪

後半にはネタバレも描きますので良ければ漫画の参考にしてくださいね。

報復刑を無料で読む方法

この方法を使うことで約1300円分の漫画を無料で読むことが出来ます。

使うのはFODというフジテレビのオンデマンドサイトです。

このサイトには漫画をはじめとする電子書籍が豊富に揃っています。

報復刑も最新刊まで全巻配信されていました。

報復刑全巻無料

これを無料で読むにはこの特典を使います。

FODの無料特典

この特典は1カ月間、月額料金が無料で使えて更に、漫画に使えるポイントが1300円分貰えるというものです。
※ついでに動画や雑誌も見放題です。

もちろん報復刑の購入にも使えるので、完全0円で手に入れることが出来るんです。
(1冊600円なので2冊分無料)

特典を受ける条件もかなり緩くて、初回登録なことと、Amazonアカウントで登録することだけ。

いつも使ってるAmazonでログインするだけなので逆に登録が省けて楽でした。

漫画はスマホで読むことも出来ますし、月額コース解約後も読むことが出来ます。

もちろん月額コースはいつでも解約出来ます♪

実際使ってみましたがデメリットは無いので一度試してみて下さいね。

⇒報復刑を無料で読んでみる

※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を読めます。

1巻ネタバレあらすじ

全世界で死刑を廃止するという動きの波が起き日本もそれに流される形で最も重い罪とされた死刑が廃止される。

しかし新たに制定された刑があった

”報復刑”

国の管理、監視のもと遺族は殺人で有罪判決が下った加害者に同様の方法で報復することが出来る。

愛するものを殺された遺族が加害者を自らの手で裁く・・・それが報復刑だ。

都会での美容師にあこがれ上京してきた一人の女性、名前は沙織

彼女は毎日面接に通いやっとのことで手ごたえがある美容室を見つける。

沙織の両親は一人で上京した彼女を心配してよく電話をかけてくる。

そんな彼女に不幸が訪れた。

二組の若者が金欲しさにOLを刺しそうと言い出したのだ。

普段からハーブを吸っているようなろくでもない奴らで沙織は運悪くターゲットにされてしまった。

夜、コンビニにいたところあとを付けられ背後から

”ドスッ”

二人組は財布を奪うとそのまま逃走するもすぐに身元がバレあっけなく捕まってしまうのだった。

沙織はそのまま死んでしまい娘の死を知った両親は怒りに震えた!!

加害者の二人は対照的な態度を見せ

一人は自分の犯した罪の重大さに気づき毎月、被害者遺族に向けて謝罪の手紙を書いた。

もう一人は裁判で見た沙織の父が報復刑を実行する度胸など無いだろうと高を括り全く反省していなかった。

およそ一年後・・・

娘の墓の前で決心した顔を見せる父

そして向かったのは憎き二人が居る報復刑の執行場所だった。

とある少年の話

早くに母を亡くした少年、健太は父と二人で暮らしていた。

健太は中学になりグレルことも無く好きだった野球に打ち込み1年でレギュラーにまで上り詰めた。

今日も近くの公園で素振りをしながら父の帰りを待っていた。

そこに現れたのは同じ中学の不良とそいつの先輩という高校生だった。

大方、レギュラーを取られた腹いせだろう。

そいつらは健太を好き放題殴ると動かなくなった健太に思いっきりバットを振り被った!!

何度も何度も・・・

父が公園を通った時にはすでに健太は動かなかった。

その日から父は復讐のために体を鍛え始める。

毎日の筋トレ、バッティングセンターにも通い詰めた。

そして報復刑の当日

満を持してその場所へと向かうがそこにいた少年たちは全く反省していなかった。

未成年だらか安心していたのだろうか?

報復刑に適応年齢など無く殺人事件を犯したものには等しく適応される。

父は愛用のバットを取り出すと次々と不良たちの頭をフルスイングした!!

鍛えられたカラダのお陰か不良たちは1撃で仕留めることが出来た。

淡々とまるでバッティングマシーンから繰り出される球を打ち返すように加害者たちに報復した父は自らも命を絶つのだった・・・

感想とまとめ

復讐モノで言うと善悪の屑という漫画が人気ですが報復刑は自分自信で被害者が殺された方法で復讐出来るというものでした。

日本では確実に実現されないでしょうが何処か過激な国ならこんな法律があってもおかしくないような感じで妙にリアル感があります。

1巻にはネタバレで書いた以外に

  • 母として
  • 犯した過ち
  • 老人の叫び声
  • 正義

が収録されているので結構なボリュームでした。

だれでも簡単に無料で読めるのでこの漫画が気になった人はぜひ読んでみてくださいね。

⇒報復刑を無料で読む方法まで戻る