マンガ、adabana 徒花の最終巻ネタバレを紹介しています。

上・中・下全3巻でまとめられていて、内容も好みで一気に読んでしまいました。

ここでは、単行本の発売に先立って、最新話のネタバレや、下巻発売時にすぐに使える無料で読む方法なども紹介したいと思います。

ネタバレ不要の方は下のリンクからどうぞ。

⇒adabana徒花を全巻無料で読む方法

18話から最終話

全てを闇に葬ることにした、2人。

ミズキは全面的に協力するつもりで、ふと目に入った叔父のPCもデータを削除しようと考えます。

ですがそこには、マコが撮りためられられていた写真や動画があり、暁が関与していると推測できるモノもあります。

”全てを闇に葬る為にも調べなきゃ”

調べるうちにミズキは暁も、叔父が居なくなったことに気が付いたことを知ります。

”殺すしかない・・・”

そう決意するも、碌に知りもしない人間を殺す度胸など、持てる筈も無く、まずは相手を知るためにも、話しかけます。

あくまで、自分は友人のストーカー被害を聞いただけ。

そう装って、可能な限り、暁が知っている情報を聞き出します。

はやり、店主が失踪したことを疑っているようで、自分たちから遠ざける為にも、店主との繋がりを調べる必要があると考えます。

盗撮のカメラが無いか、もう一度店内を調べる為、マコから鍵を預かるとやっぱり隠しカメラがありました。

殺害した時の音声が残ってる可能性も高く、誰にも回収される訳には行きません。

一先ずの不安は解消され、ミズキは行動に出ます。

「ミズキちゃんお待たせー話って何??」

「ラーメン屋のおじさんは私が殺して、井戸に捨てたの」

殺害を自白するミズキでしたが、目的は彼が盗撮に関わっているか確かめることでした。

自首すると言えば、証拠を消そうとする筈、案の定、マコが叔父に盗撮されているというていで、お店に入ろうとします。

確信を得るために、鍵の隠し場所を知っていると、嘘をつき店まで誘導するとやはり盗撮犯は彼でした。

「許せない!!」

血の涙が出そうなほどの憎悪をにじませ、ミズキは更に暁に近づきます。

何とかデータを消せないかと、適当な話題ですり寄りますが、意外に隙は無く、一先ずマコの様子を見に行きます。

マコは数日前とは別人のように、ゲッソリとしていて、覇気もありませんでした。

ミズキと暁との仲を疑っているようで、精神的にかなり追いつめられています。

彼女の誤解を解くために、盗撮の事を打ち明けますが、親友に自分が汚れていると知られ、マコはこれ以上、一緒にいられないとその場を去ります。

”私がしたことは間違っていた?”

あれから何度も連絡しますが、マコが電話に出ることはありません。

繋がったのは雪が降りしきる夜。

「ミズキ・・・ゴメンね・・・いろいろ」

今にも消えてしまいそうな、その声に嫌な予感がしたミズキはマコと別れた池の公園へ急ぎます。

「マコ!マコ!!どこなの!?」

必死に回りを探すと、雪に埋もれかけているマコを見つけます。

思い虚しく既に意識は無く、マコは死んでいました・・・

ふと、近くにあったスマホを見てみると、暁からの脅迫メールが大量に届いていました。

「あいつは私がやらなきゃ」

ミズキはマコの敵を討つべく、殺人鬼になることを決め、冷たくなった彼女の身体をバラバラにしたのでした。

まず向かったのは暁の元でした、マコが死んだことと、その証拠を見せると、ビビった彼は洗いざらい薄情します。

盗撮はしてたものの、動画を売っていたのはマコの実の父親とその弟である叔父。

必要な情報を聞き出すと、すぐさまその場を後にし、マコの父親に会いに行きます。

そこで、2人がしていたことを突きつけると、父親は逃げ出していきました。

追いかけなればならないと分かっていても、マコが可哀そう過ぎて、動けませんでした。

その翌日、ミズキは出頭します。

一貫して罪を認めたことで、判決は揺るがず、このままでは彼女に刑事罰が下されます。

それを阻止しようとする弁護士2人は、ミズキの当日の動きを調べます。

そのうちの一人、辻にはミズキと同じぐらいの年の子を交通事故で無くしている過去があり、彼女に何としても有利な弁護をするつもりのようです。

膨大な資料を集め、全てに目を通し、あの日、暁とミズキがラーメン屋に立ち寄っていたという事実を突き止めます。

彼はミズキの嘘を暴ききることが出来るのでしょうか?

感想

徐々に謎が明らかになってきてるのでしょうか?今の所、私のなかでは?が広がってるんですが・・・

復讐の為に殺人鬼になった?最終的には暁に罪を擦り付ける為なのか?

父親は出頭までに殺したのか?もう最終話に近づいてる筈ですが、これらが気持ちよく解決してくれるのでしょうか?

続編はグランドジャンプの発売と同時に更新していくので、是非お気に入り登録しておいて下さいね。

発売中の巻は全て無料で読むことが出来るので、その方法も載せておきます。

⇒adabana徒花を全巻無料で読む方法