マンガ僕たちがやりましたのネタバレあらすじもついに最新巻である5巻まできました。
奇跡の復活を遂げたパイセン!いつものメンバーが再結成されますがあの釈放にはやはり裏が!?
衝撃の真実とトビオの謎の行動!5巻も濃い内容がてんこ盛りですよ!
ではさっそく見てみましょう。

ネタバレ前に漫画版を読みたいならこの方法
⇒僕たちがやりました5巻を無料で読む方法

僕たちがやりました|5巻ネタバレあらすじ

僕たちがやりました5巻
トビオの金を盗み豪遊を繰り返したマルはついに手持ちが残り数万円となってしまう。
そして考えたのが伊佐美が持っている金を盗むという計画だった。

二人は品川駅で待ち合わせをすると熱海へと向かう。
バブル崩壊後のホテルが格安で買えるというもっともらしいことを言い伊佐美を説得したのだ。

そして作戦はこうだ!
防犯の為だと自分と同じポーチに金を入れさせる。
次に下剤入りの弁当を食べさせ、トイレに立った隙にポーチを入れ替える。

熱海到着前に何食わぬ顔で駅を降りれば計画は成功だ!

疑うことも無くバクバクと下剤入りの弁当と食べる伊丹
作戦通り腹を壊し、トイレに駆け込む。

すぐさまポーチを入れ替えたところで外人が話しかけてきた!?

さっきお土産屋が見つからなくて困っていたのを伊佐美が助けた外人だ。
お礼にと言ってお茶を買ってきてくれた。

しかし気が付けば降りる予定だった小田原!
直ぐに身支度と整えるマルだったがバックが無い!?

横を見ると伊佐美もぐっすり眠っているじゃないか!
そして窓の外にはさっきの外人がバックをもっている。

「完全にやられた!」

お茶に睡眠薬を混ぜられていたのだ。
どうやら二人の会話を盗み聞きしていたらしく完全に騙された・・・
気が動転した拍子に自分が下剤を混ぜたことも口を滑らせてしまう。

所持金が0になり絶望する二人、しかし「逆転満塁ホームラン!」パイセンが誤認逮捕だったという報道がされたのだった。

その頃、トビオは相変わらず今宵の家に居座り”ヤっちゃ寝ヤっちゃ寝”を繰り返していた。
何処にも行かず、気力も無く、トビオがこの逃亡生活で得たものと言えば童貞を捨てれたことぐらいだ。

しかしそんな生活も長くは続かないだろう。

案の定、「ドンドンドン!」と誰かが押しかけてきようだ。
おそらく警察だろう、今までありがとう。今宵にお礼を告げトビオは覚悟を決めた。

”ガチャ”扉の向こうで待っていたのはパイセン!?

まったくテレビを見ていなかったトビオはそこで初めて今回の件が全てテロリストの仕業で自分たちは無罪でパイセンも釈放されたことを知った。

二人は伊佐美とマルを迎えに行くために品川へと向かう。

しかし、伊佐美には今宵とのこと、マルとは金のことがあるしどんな顔して会えば良いんだろうと不安になる。
でもそんな不安は満面の笑みで手を振る二人を見た瞬間に吹っ飛んだ。

「友達だからまぁ良いっか!」

感動の再会を果たした一同は久しぶりのスポッチャへと向かいウルトラSOULを熱唱するのだった。

盛り上るパイセンをよそにトビオたちはお互いの経緯を話した。
マルは600万を風俗で溶かしただけでなく伊佐美の金まで奪おうとしたことを知りそれでも反省していないマルをトビオが殴り、伊佐美には今宵とやったことを話す。

そんなこんなで険悪なムードになりかける・・・

が!パイセンがダンマリボーナスと言って更に一人100万ずつ配布したことによって一同は再度結束した。
遊びつかれた一同はバツゲームをかけて暴露大会を始める。

皆それぞれこのメンバーにしか離せないヒミツを暴露していく。
そしていよいよパイセンの番が回ってくる。

「言うけど引くなよ!」

「矢波高の犯人あれやっぱり俺らやねん!」

自分の父親がホームレスを買収し整形させて自主させたというのだ!
これは弁護士がひそかに教えてくれた情報らしくパイセンの父は風俗業界のドンで日本全国に店舗を抱える大物らしい。

警察ともズブズブで今回の件も簡単に片が付いたのだ。

そんな話をしているときに現われたのは警察官の飯室
彼は今回の事件の真相にたどり着いていた!

しかし末端の彼がいくら訴えたところで上層部にもみ消されるだけ。
最悪の場合、自分が消されかねない・・・

だから伝えに来たのだ。

「俺のように真実を知っている人間がいること、そしてお前らが殺した人間の顔を・・・」
そういって被害者の写真を並べて見せた。

「人間は忘れようとすればするほどその事を深く心に刻み込む!一生苦しめ!」伝え終わると飯室はその場を後にした。
トビオ達はそのままろくに言葉を交わすことなく解散する。

しかしもう会うことすら無いような気がした・・・

案の定、伊佐美はトビオとすれ違っても無視

マルは相変わらずで、逃亡生活を武勇伝かのように皆に聞かせていたが俺にはあんな神経ない。
もちろん部活にも誰も来ていないし一人で時間を潰すがなんの気力も起きなかった・・・

ふと部室から出ると綺麗な夕日が

トビオはカバンを放り投げると戸惑いもせず屋上から飛び降りた・・・

感想・5巻を無料で読む方法

パイセンかなり大物の子供だったようですね!
そんなに危ない感じはしませんが・・・
愛人の子供のようで自分に汚点が付かないようにもみ消しただけらしいですがお金も援助されてるしかなり待遇は良いみたいですね。

そしてラストはなんとトビオのダイブ!!完全に柵を飛び越えていましたが本当に自殺?
6巻が待ち遠しいです!

僕たちがやりましたは1巻から5巻までの好きな巻数を無料で読むことが出来ます。
管理人も使っていますがたった3分で出来るので是非参考にしてみてくださいね。

⇒僕たちがやりました5巻を無料で読む方法