累12巻

累12巻(最新刊)のネタバレ感想と、漫画を無料で読む方法を紹介しています!

高校時代に顔を奪った五十嵐幾の手引きもあり、野菊を逃してしまった累。
4ヶ月後、羽生田の前に再び現れた累は・・・!?

※漫画を無料で読む方法は下の記事で紹介しているので参考にしてください♪

⇒累12巻を無料で読む方法はこちら

ここからは12巻のネタバレです!

12巻 ネタバレ

母親(いざな)の過去を探りその終着地として”朱磐”に辿り着いた累(かさね)。

久しぶりに再会した累はまるで火が消えたように変わっていました。

4ヶ月も羽生田の前から姿を消していたのは、羽生田に頼らず1人で母について調べたかったからでした。

「しかし朱磐は俺がいなけりゃ何もないただ錆びれた荒れ野にしか見えんだろうよ」

羽生田はいざなの出生について順に話し始めます。

かつてここには「槻」という家の屋敷があり、そこでいざなは生まれました。

生まれ落ちてすぐ醜い容姿ゆえ死を望まれてしまいます。

この村の時代錯誤な因習のためでした。

それを”平坂千草”という助産婦が助け密かに育てられるのですが、年頃になっても山奥の小屋に隠れて暮らしおよそ人間らしい生活とは言えませんでした。

生きることを否定されながら生きているという事実と、抗いようもない己の醜さとを突きつけられながら、少女は熟々と身の内に憎しみをたぎらせ切っ先を研いでゆくのです。

羽生田がこの村に来て初めて会った時も、いざなはこの世の全てを憎み拒み呪う、そんな眼差しを闇から向けていました。

そんなある日、いざなは隠れ住んでいた山で見つけたのです。

自らの運命を塗り変えた魔性の”朱”。

口づけで人の顔を奪う”日紅”という鉱物顔料を。

いざなはこの地の”伝説”を伝える神楽の中に日紅に繋がるヒントに気づき見つけることができたのでした。

伝説とは「この地に災いをもたらした醜い鬼女が美しい巫女によって滅ぼされる」というもの。

その中で鬼女は朱い粉を唇に塗り巫女にくちづけて魂を奪おうとする描写があったのです。

つまりいざなは”伝説”の語る伝承を”現実”にしてみせたのでした。

羽生田の上演したい舞台はその光景の再現でした。

「再び口紅を使いお前(累)に主演をつとめて欲しい。それが俺の願いであり、お前が照明の元に戻ることが、いざなさんの願いでもあるはずだ」

「私は母(いざな)ではない。けど血が彼女の想いを才を芸を私の身に伝えた。あなたの舞台に出るわ」

累の火は消えてなどいませんでした。

しかしその時の累はどことなく朱磐から姿を消す直前のいざなに似ているような気がしたのです。

累が咲朱として舞台に戻るため野菊を探し出すことになりました。

その頃、野菊は天ヶ崎に別れを告げていました。

「あなたはこれ以上私に関わると今に羽生田に嗅ぎつけられて命さえ危ないわ。私はそれだけが怖いの」

野菊にとって天ヶ崎はかけがえのない大事な人になっていたのです。

別れを告げ天ヶ崎の家を出た後、野菊は覚悟を決め累を誘い出します。

累は羽生田にバレないように欺き1人で野菊と五十嵐に会いに行くのですが、羽生田に尾けられておりバレてしまいました。

「俺を出し抜こうとしやがったな!一体お前は何を考えているんだ!?」

累は羽生田には秘密にしていましたがある覚悟を決めていたのです。

「私はあなたの舞台に出る、野菊の顔でね。けどそれで最後にする。口紅を使うのも舞台に立つのも」

「そんなの信じられるはずがない」と言う野菊に累は口紅を渡します。

「これなら信じてもらえる?”交換”の主導権をあなたに譲るわ」

累は野菊、五十嵐、羽生田の前で約束をします。

次の舞台の幕が降りるまで辛抱してくれれば野菊の手で自分はどうなってもかまわないと。

交渉に応じた野菊ですが、累の落ち着きようを見て不気味に感じていました。

「きっと腹の底にまだ何かあるのよ!でなきゃあの女の執念があそこまで変わるなんてありえない!!」

そうして舞台の準備が始まるのですが、累は演じることに行き詰まっていました。

羽生田の書いた台本自体は素晴らしいのですが、役が全く入ってこないのです。

この役を・・・いや私は”咲朱”を演じてゆくことなどできるのだろうか。

累はもう1人の主演を五十嵐にお願いします。

この舞台は好調な滑り出しとは言えず咲朱も五十嵐も役をうまく演じられずにいました。

そんな中、累のことを怪しんでいる野菊は1人で羽生田の元へ。

「確かめたいの。かさねが何を考えているのか。何か企んでいる気がして」

そう思っていたのは羽生田も同じでした。

累は”永久交換”の方法を企んでいると推測し調べることに。

過去、おそらくその方法に辿り着いた男・海堂凪の研究論文を読むのですが、朱磐に来る前の考察文ばかりで何も役に立ちませんでした。

野菊は海堂凪の字を見て、父の部屋で見つけた本を取り出します。

「それは、凪さんの手帳!?何故お前が!」

13巻へ続く

感想

前巻から終わりへの道が見え始めましたが今回ではまだ完結しません。

今巻はこれまでぼやっとしていた登場人物らの思惑が明確に表現されており”最後の舞台”とともに物語のラストスパートに突入していることが伝わってきます。

それぞれの登場人物がどう演じてゆくのか13巻を楽しみにしています♪

漫画を読みたい方は、無料で読む方法の記事を参考にしてくださいね!

⇒累12巻を無料で読む方法はこちら