ビースターズ11巻

ビースターズBEASTARSの11巻のネタバレあらすじを紹介しています。

※11巻は11月8日ごろに発売される予定です。

まだ発売されていない漫画ですが週刊誌ではすでに掲載が終わっているので筆者が11巻に収録されるであろう話をまとめていきます。

このブログではビースターズの単行本を無料で読む方法も紹介しているのでその方法が知りたい人はこちらからどうぞ。

⇒ビースターズを無料で読む方法

ここからはネタバレです。

レゴシとリズの決闘まであと僅か!!果たしてレゴシは勝つことが出来るのか?そしてルイは二人を見届けに来るのでしょうか!?

89話

同室のクマたちに手料理を振る舞うリズ。

料理をしている間は穏やかな気持ちになりテムとのあの夜の想いでが綺麗に蘇るのだと言います。

”テム・・・僕の口に入るとき、君はわらっていたよね?”

そんな歪んだ感情を持っているリズ。

自分の中でテムとの友情をドンドン美化していくのですがそこに現れたのがレゴシです。

彼がテムの捜査をし始めたころ、一瞬目が合っただけでこう感じてしまいます。

”暴かれる、汚される、テムとの友情が”

だからリズはレゴシを次の新しい友達に選びました。

薬も飲むのを辞めて、体調は万全です。

”君との友情はどんな味がするんだ”

いよいよ決戦は明日!!

90話

いよいよ大晦日。

新年を待つ賑やかな街をレゴシは一人、約束の場所へ向かいます。

時間通り、高架下に行くとすでにリズが待っていました。

「開始のゴングはこっちで用意したんだけど君が気付かないと意味がないな」

そんなことを言うリズの腹部には大量の血が付いていました。

「ピナ・・・くん・・・」

2人の戦いが始まろうとしている時、ルイはシシ組の大仕事の真っ最中でした。

こんな時に限って狼との抗争をしていたのです。

レゴシのことは気になっているようですが果たして間に合うのでしょうか!?

91話

リズの挑発にもレゴシは冷静です。

自分の中にある匂いの保管庫からピナを探し出すと2㎞先に軽傷を負って放置されていると言い当てたのです。

友人の安全も確認できたところで戦闘態勢に入るレゴシ。

2人の戦いの火ぶたが切って落とされます。

その頃、シシ組は無事に抗争を終え一息ついていました。

最近ではイブキ以外の部下もルイの事を慕っており皆が感謝の気持ちを表します。

そんな姿を見て、ルイは気が付きました。

”俺は肉食獣が好きだ”

「イブキ、俺 たった今からシシ組を抜ける。会いに行かなきゃいけない奴がいるんだ。」

92話

ルイの急な申し出にイブキは困惑します。

少し凄めばすぐに意見を撤回するだろうと思ったのですが眉一つ動かさない姿を見てこのままだと本当にシシ組から離れてしまうと察し一度冷静になります。

「ドライブでもしましょう。」

と煙草を買いに行っている手下のフリー達を置いて車を走らせます。

何としても引き留める。

今まで前任のボスに百獣の王を演じ続けろと教えられたイブキは虚勢を張り続けてきました。

そんな彼が思いつく方法はたった一つ。

「アンタ以外にボスは考えられない。」

夜目が効かないルイを真っ暗なトンネルに連れて行きます。

「ルイ・・・あんたは俺を救ってくれた。アンタが決着をつけないなら俺が喰いますよ」

「無理だ イブキ・・・お前の事は撃てない」

ルイが殺せないなら自分が喰い殺そう。

宣言通りルイに襲い掛かるイブキですがその時”ドォン”と車の外から銃声が聞こえます。

「このフリーボスをようやく守ることができやした。」

裏社会の掟に殉死したイブキ、ルイが出す結論とは!?

93話

フリーの銃弾に倒れたイブキ。

実はこれは彼が望んでいたことでもありました。

「この弾は俺を撃つ用だ」

自分とボス(ルイ)がただのライオンとシカになった時迷わず俺を撃ってくれ。

そう託されていたのです。

その死に顔は極道とは思えないほど穏やかでした。

全てを察したフリーはルイを表通りとの境目まで送り届けます。

「次、あんたを見かけた時は食い殺すぜ」

ルイはレゴシの元へと駆けるのでした。

その頃、レゴシとリズの激闘は過激さを増していきます。

命の尊さを知ったレゴシの拳はリズを打ち抜くことが出来るのでしょうか!?