漫画版の響11巻は2019年の1月ごろに発売予定です。

それに先立ってここでは11巻に収録される話を週刊誌より抜き出してネタバレ紹介していきたいと思います。

常時更新していきますので是非、お気に入り登録しておいて下さいね。

単行本の響を読みたい人はこの方法で無料で読むことが出来ます。

⇒響を丸ごと無料で読む方法
※11巻は未発売です!!

88話

響11巻ネタバレ

学校での響ロスは今だに続いており文芸部のお騒がせコンビの典子とかなえが咲希に愚痴ってます。

愚痴を聞きながら咲希は心の中で”心配しなくてももうすぐ戻ってくるわ。”と思うのでした。

というのも今回の件当然、担当のふみは把握しておりふみと打ち合わせが多い咲希には変に誤解される前に教えていたのです。

大臣もグルなので退学後に復学することなど容易です。

何気ない顔で部室に戻ってきた響、果たして今度はどんな騒動を起こすのでしょうか!?

89話

響が帰ってきたことが他の生徒にも知れ渡ったころ。

部室に侵入する怪しい生徒が二人。

どうやら響の原稿が目当てのようですが”先に取れられた”とかなんとか。

結局、盗むことが出来なかったようです。

部室が荒らされたことはすぐさま文芸部も知り、推理小説好きの1年部員、安達が推理します。

推理通り合唱部の二人が白状するのですが二人はすでに部室は荒らされていたと言います。

すると今度は2年部員の咲希がもう一人の犯人を推理しシロウが恫喝したことで無事に原稿は返ってきたのでした。

感想

感想は毎回書き換えていきます。

今回はまったり回でみんなが小説のような推理を楽しむというモノでした。

新入部員はまだまだキャラクターが薄い感じがしますが今後の成長が楽しみです。

ちなみに響の印税総額は7億を超えたようです(笑)

お伽の国の印税はほとんど寄付しましたが他はどうしてるんでしょうかね?

次は約2週間後の更新です。

⇒響を丸ごと無料で読む方法