五佰年BOX1巻

五佰年BOX(いほとせボックス)の漫画を無料で読む方法と、1巻のネタバレ感想を紹介します。

ネタバレの前に、まずは漫画を無料で読む方法から説明しますね!

五佰年BOXを無料で読む方法

この方法を使うことで約1300円分の漫画を無料で読むことが出来ます。

使うのはFODというフジテレビのオンデマンドサイトです。

このサイトには漫画をはじめとする電子書籍が豊富に揃っています。

もちろん五佰年BOXも完結巻まで全巻配信されていました。

五佰年BOX全巻無料

これを無料で読むにはこの特典を使います。

FODの無料特典

この特典は1カ月間、月額料金が無料で使えて更に、漫画に使えるポイントが1300円分貰えるというものです。
※ついでに動画や雑誌も見放題です。

もちろん五佰年BOXの購入に使えるので、完全0円で手に入れることが出来るんです。

特典を受ける条件もかなり緩くて、初回登録なことと、Amazonアカウントで登録することだけ。

いつも使ってるAmazonでログインするだけなので逆に登録が省けて楽でした。

漫画はスマホで読むことも出来ますし、月額コース解約後も読むことが出来ます。

もちろん月額コースはいつでも解約出来ます♪

実際使ってみましたがデメリットは無いので一度試してみて下さいね!

⇒五佰年BOXを無料で読んでみる

※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を読めます。

では次にネタバレを書いていきます!

1巻|ネタバレ

遠野叶多(かなた)は、ある日幼なじみ・真奈の家から奇妙な箱を見つけます。

中の箱には実際の人が生活をしていて、服装などから見て中世の日本らしき世界でした。

箱庭の景色は箱の位置と連動していて、箱を移動させれば景色も変わりました。

数日間、叶多は好奇心で箱の中の観察を続け人助けをしていました。

ある時、箱の中で少女が野党に襲われているのを見てしまい、叶多は少女を助けようと不本意で野党を殺してしまいます。

怖くなった叶多は真奈に相談をしようと彼女に家に向かうのですが、真奈の父から衝撃的な事実を告げられます。

「真奈?誰それ。うちには娘はいないし”真奈”なんて人間もいないぞ。」

真奈の部屋は物置となっており、真奈が存在しない代わりに真樹(まさき)という息子がいました。

昨日までいた”真奈”の存在が完全に消えてしまっていたのです。

つまり箱の中身は現在の500年ほど前の姿であり、叶多が手を加えた人物が偶然真奈の先祖だったかもしれないということ。

叶多は真奈を取り戻すために、箱庭の中の人助けし続け変化を見ることに。

しかし人助けをすることが良い未来に繋がるとは限らず、火事を治めたことで真樹がグレてしまう結果になってしまいました。

一方、箱庭の中の少女は身の回りに起こる奇妙な現象を不思議に思っていました。

何度もわしらを助けてくれた”何か”。
一体誰なんだろう。

そんな中、叶多は真奈の婚約者・晴市を偶然目撃します。

思わず声をかけるのですが、真奈は存在しないことになっているので、晴市は真奈はもちろん叶多の事も知りませんでした。

転んだ拍子に箱の中を晴市に見られてしまい、説明し協力をしてもらうことに。

二人は下手に手を出すことはやめて、小人の声を耳をすませ聞いてみるのですが、古語だったためさっぱり意味が分かりませんでした。

ある日、叶多の中に知るはずのない真樹との記憶が生まれます。

どの”真奈”との過去を思い出しても、同時に”真樹”との記憶も存在しているのです。

このままどんどん真樹の記憶が誕生していけば・・・。

二つの記憶が同じ鮮明さで存在している状態に怖さを感じ、記憶を手繰らないようにする叶多。

そんな時、晴市がうっかりフィギュアを箱庭の中に落としてしまいます。

フィギュアは箱庭に落ちると消えてなくなりました。

色々と試した結果、箱の中の時代に存在すると不自然なものは排除される仕組みになっているようでした。

そこで叶多は自然物を箱庭の少女に送りコンタクトをとってみることに。

割り箸にレーザーカッターで「カナタ」と名前を焼き付け、少女の家の前に置いてみます。

少女は木に掘られた文字に気づくのですが、その時、武家の男に刀を突きつけられてしまいます。

箱の中を見て少女の危機に気づいた叶多たちは!?

2巻へ続く

感想

よくあるタイムスリップものとは一味違う、変わった切り口で過去の時代に絡んでいく様が面白いです!

異空間に干渉した事象がそのまま現実世界の変化になるのではなく、何をしたらどうなるのか分からないところが怖いですね。

不思議で魅力的な設定にひき込まれ、続きがとても気になります。

タイムパラドックス、パラレルワールド系の漫画が好きな私としてはかなりツボでした。

ネタバレでは細かい内容は書けていないので、興味をぜひ漫画で読んでみてくださいね!

⇒五佰年BOXを無料で読む方法はこちら