君が僕らを悪魔と呼んだ頃の6巻に収録されるであろう話のネタバレを紹介しています。

漫画版を読んでみたい人は無料で読める方法を紹介しているので使ってみて下さい。

⇒君が僕らを悪魔と呼んだ頃を無料で読む方法

57話

とあるラーメン屋で自分が殺した相手の白骨死体が見つかったと言うニュースを見る悠介。

既に昔の面影は無く、ホームレスのような身なりです。

姿を消してから10年が経過しており、その間は誰とも連絡を取っていなかったようでお金もありません。

ですがたまたま入ったラーメン屋で働くアルバイトの女の子が優しい子で足りない分を払ってくれます。

その女の子は両親を早くに失くし、兄と妹3人で貧しくも幸せな生活を送っていました。

ですがある日、義理の父が帰ってきて強姦されてしまいます。

兄も助けようと殴りかかりますが義理の父はかなりいかれたヤツで殺されかねません。

妹は2人を助けるために夜の街へ飛び出し泣き叫んで助けを求めます。

少女が辿り着いたのは悠介の元でした。

「たすけてぇ。アオニィが死んじゃう。あのアクマにいっぱい蹴られてしんじゃう!」

58話

抵抗できない兄と姉。

義父は兄が必死に稼いだ金をナイフで脅し取ります。

それでも犯行的な兄の目が気にくわなかったのか目玉にナイフを突きつけていると「ガッ!!」とそれを止めて悠介が割って入ります。

「殺す」と脅す義父でしたがその気もない脅しが悠介に通じる筈もなく、逆に凄まれてあとずさりする義父。

そのまま捨て台詞を吐いて逃げ出していきます。

悠介に助けてもらった兄妹はお礼もかねてお風呂と食事をごちそうすることんにします。

この時、兄妹は知る由もありませんでした。

自分たちがこの男のことを悪魔と呼ぶ時が来ることを・・・

59話

兄妹を助けた悠介は久しぶりに顔の髭を剃ります。

その後、食卓に行くと今日は末っ子のみどりが誕生日ということでケーキが置かれていました。

皆で仲良くお祝いをする中、悠介も断り切れずにその場に混ざります。

みどりが騒ぎ疲れて眠ったころ。

長男が悠介に頼みごとをします。

「暫く一緒に暮らしませんか?」

家賃も飯代もいらない。その代わり義父から守って欲しいと言います。

丁度その頃、近くのダムで男の変死体が見つかります。

頭を何度も鈍器で殴られ素っ裸でボートに乗せられていた死体。

その現場は最近まで悠介が住んでいた場所でした・・・

感想

まさかの兄妹との共同生活が開始されるのですが悠介は完全に悪魔に戻っているという布石がちらほら。

地獄を味わうことになる兄妹の運命やいかに??

最新話が更新され次第追記していくので是非、お気に入り登録しておいてくださいね。

漫画版を無料で読みたい人はこの方法が使えます。

⇒君が僕らを悪魔と呼んだ頃を無料で読む方法