終末のハーレム3巻が発売されたので早速読んでみました!

毎度のことながら今回もかなりエロ要素が含まれているのでもちろん電子書籍版です(笑)

流石にこの漫画を誰かに見られると気まずですからね・・・

ちなみにここで紹介している3巻丸ごと無料で読む方法も電子書籍版でスマホにDLも出来るので隠ぺい工作はぱっちりですよ♪

是非使ってみて下さいね。

終末のハーレム3巻を無料で読む方法

終末のハーレム3巻全部無料
※現在は値上がりしており48円端数が出ます。

上の画像の通り終末のハーレム3巻はとあるサイトの”無料トライアル”に登録することで1冊丸ごと無料で読むことが出来ます!

そのとあるサイトというのがコレ!!

”U-NEXT”というサイトなのですが知ってます?

ドラマや映画などの動画コンテンツをメインに配信しているサイトで漫画も大量にあります。

このサイト、初めて登録した人は31日間無料で使うことが出来るのですが登録特典として電子書籍に使えるポイントが600円分貰えるんです!!

ですのでこのポイントを使えば終末のハーレム3巻は1冊丸ごと無料で読むことが出来ます。

もちろん登録ついでに映画やドラマも見れるのでかなりお得な気分♪

ちなみにポイント購入した漫画はスマホにDL出来ますし解約後も読むことが出来ました。

一通り調べてみましたがデメリットと呼べるものは無かったので使ってみる価値ありですね。

⇒早速終末のハーレム3巻を無料で読んでみる!

⇒U-NEXTについてもっと詳しく!

終末のハーレム|3巻ネタバレあらすじ

終末のハーレム3巻ネタバレ
体育の授業を見学する土井翔太

目の前ではブルマの女の子たちが飛んだり走ったり

カレンからはクラスの女子みんなと仲良くなるよう催促されるが元々コミュニケーション能力が無い土井には気が重かった。

今夜は柚希先生に部屋に来てほしいと言われていたので夜、彼女の部屋をノックする。

「お風呂入ってたの」とセクシーなネグリジェを着た先生が出迎えてくれる。

授業やクラスメイトの話をするがセクシーな姿の先生を前に話は全く入ってこない。

そんな彼に柚希は確信に迫る。

「先生のことどう思う?」

照明を消し肌を寄せ、「病気に勝ったご褒美」と言って口づけをかわす。

後は流れのまま彼の童貞は奪われるのだった・・・

翌日、あこがれの先生と一夜を過ごした土井は今も夢の中なのでないか?と考えていた。

そんな彼に話しかけるクラスメイト達、まるで好意があるようにスキンシップが多く土井が他の子と盛り上がると拗ねる。

人生で初めての体験に戸惑う土井

授業の後はバレー部の練習を見学する。

そこで土井にエースが打ったボールが直撃してしまう!

駆け寄る部員たち、ボールをぶつけた張本人は「どんなことをしても償う」と涙を流しながら土下座する始末で戸惑いを隠せない土井

先生の対応も同じで音楽室に居た土井を見つけるとケガを過保護なまでに心配しおまじないと称して傷口にキスをするとそのまま絡み合うのだった。

それ以降、毎日所かまわず先生と交わる土井

ある時は学校の廊下、ある時は視聴覚室、そんな満ち足りた生活を送っていたがカレンによってその日常はさらに激差を増す。

とある水泳での授業のこと、なにやら女子たちはいつにもましてヤル気で1位を争っていた。

その理由は夜に分かる。

水泳で1位を獲得したお嬢様系の一条が部屋を訪ねてきたのだ。

カレンの説明によると女子寮の空調が故障し急遽大幅な部屋割り変更がありどうしてもあるれる1人を土井と相部屋にすることに決まったそうだ。

どうせなら勝負で決めようということで今日の水泳に繋がる。

同居人は1週間交代のようで土井はさらに刺激的な毎日を送ることとなるのだった。

一条と同居するようになってから先生とは疎遠になっていた。

「女の子特有の体調不良よ」と言っていたが先生は他の女の子とも仲良くしろと言う。

ある日、一条が一緒に寝ようと言ってきたことで一線を越える二人

しかしそのことを先生に正直に話そうとしてたことで土井はカレンに不信感を抱いてしまう。

土井は先生の「翔太君はみんなのものだから」という言葉から自分が機嫌取りのために女の子たちにチヤホヤされ実験されているのでは?と考えたのだ。

カレンは頃合いと見て土井を教室へと連れて行く。

そしてクラスの女の子全員に服を脱ぐように言うとそこには圧巻な光景が広がった。

「翔太さまに存分にメイティングしてもらう為にこの学校は作られました」

「さぁどの子にしますか?」

土井の学園生活はさらに熾烈を極めるのだった・・・

そのころ、政府の上層部ではある決定が下される。

「周防美来を水原怜人の担当から外す」

怜人にメイディングを強制しない彼女は能力不足と判断されたためだ。

新しく割り当てられたのは”片桐麗亜”というキャリアウーマンタイプの女性と”黒田マリア”という研究者だった。

怜人は先日のTV出演依頼世界的な有名人となっているため特別に二人の担当が付いたのだ。

マリアはMKウィルスの知識も豊富で今後の研究に役立つだろうという事だった。

周防は担当から外されたもののメイディング候補としてそばに置くことは認められる。

そして新たな担当となる片桐はこれまで怜人に接してきた女性とは全く態度が違った。

「メイディングしないのであれば研究以外の自由は制限します。」

一方的にそう告げる彼女、裏では怜人の悪口まで言う始末なのだが彼女はどうやら美来の事が好きなようで怜人に強く当たるのは今まで彼女を独占していた事への嫉妬なのかもしれない。

そんな怜人達はある場所へと向かっていた。

”慶門市”

そこは日本で最初にMKウィルスの犠牲者が出た街だった・・・

終末のハーレム|3巻まとめ・感想

3巻は土井編が半分、怜人編が半分という構成でしたが土井もなかなか羨ましい生活をしていて読んでいて面白かったです。

今回もかなりエロ要素満点で男だとこれは!!とおもうシチュエーションも満載でした。

怜人は相変わらずですが次巻では温泉でハーレム状態になるという布石もあったので何かしらの進展はあるかもですね。

新しく担当となった二人もなかなか良いキャラしているので今後の展開も楽しみです。

終末のハーレムは誰でも簡単に無料で読むことが出来る作品なので是非セクシーな絵付きの漫画を読んでみてくださいね。

ちなみにスマホでも読めるので周りにはバレませんよ♪

⇒終末のハーレムを無料で読む方法まで戻る