十字架のろくにん1巻無料

十字架のろくにんの漫画を全巻無料で読む方法と、1巻の全話ネタバレを紹介します。

同級生5人から日々壮絶ないじめを受けていた小学6年生の漆間俊。
救いであった両親、弟まで失った彼は、復讐を計画するのだが・・・?

詳しいネタバレの前に、漫画を無料で読む方法から説明しますね。

十字架のろくにんを無料で読む方法

今回はコミック.jpというサイトを使って無料で読む方法を紹介します。

コミック.jpは新作コミックから話題の作品まで13万点以上が楽しめる国内最大級の電子コミックサービスです。

十字架のろくにんの漫画も全巻配信されていました。

十字架のろくにん全巻無料

現在コミック.jpは、特別キャンペーンを実施しており初めて利用の方に限り通常月額1100円かかるところを30日間無料でお試しすることができます。

さらに無料期間中に1350円分のポイントが貰えるので、それを使えば十字架のろくにんを無料で読むことが出来ます。(十字架のろくにんの漫画は1冊660円なので2冊分も無料!)

コミック.jp無料体験

※キャリア決済、クレジットカード決済以外での登録はキャンペーン対象外になるのでそこだけ注意してください。

入会から30日以内に解約をすれば完全無料なので、まずは気軽に試してみてくださいね♪

⇒十字架のろくにんを無料で読んでみる

1話|実験体Aの変革

漆間俊が同級生5人にいじめられだしたのは、1年前の5年生になってすぐでした。

それは突然で理由はわかりません。

至極京を筆頭に、久我大地、右代悠牙、円比呂、千光寺克美は俊を実験体Aと呼び日々壮絶ないじめを繰り返しています。

至極は人が出来れば一番すごいことを”人を殺すこと”だと思っていました。

人殺しは誰かのためであったり、自分のため愛のため何かしらの理由があります。

何もなくて人を殺す人はいないでしょう。

至極は、理由のない、渇きのない殺人者の最初の人物になりたいと思っていたのです。

直接的にも、そして間接的にも。

そこで至極はまず弱そうな奴に標的を搾り間接的に殺そうと決めました。

その弱そうな奴が俊です。

至極は実験体Aである俊がどこまで追い詰めれば自殺をするか試していたのです。

家族に心配をかけまいといじめを隠し通していた俊ですが、優しい弟に気付かれてしまいます。

俊はいじめられていることを家族に打ち明けるのですが、彼らの名前は言いませんでした。

心もない謝罪などいらないからです。

両親は早く動いてくれて俊は転校することになりました。

そこで至極は俊が転校する前に実験を終わらすため、俊の両親を事故と見せかけ殺してしまいます。

弟は一命を取り留めますが酷い火傷と怪我で一生寝たきり状態に。

一人だけ残った俊は、今まで近付いてはいけないと言われていた祖父に引き取られます。

俊は第二次世界大戦中発足した日本の秘密部隊にいた祖父の指導の元、奴らへの復讐を企てます。

2話|最後の試験

4年後、俊は明関高校に入学していました。

千光寺と久我も同じ高校です。

久我にいじめられている俊を見た同じクラスの千鶴は、俊を助けようとするのですが俊には「迷惑」だと言われてしまいます。

この時の千鶴はその理由がわかっていませんでした。

弱くてなよなよしているイメージだった俊ですが、変質者に襲われている千鶴を助けたことから千鶴の中でイメージは一変します。

千鶴には「責任を持って警察に届ける」と言う俊ですが、迷いなく心臓を刺し殺してしまいます。

「おじいちゃん、僕いける。人を殺せる。」

確信した俊は次の行動にでます。

3話|一途な想い

俊には祖父と交わしたある約束がありました。

復讐をするにあたり「改心した者は見逃すこと」です。

あれから4年、俊は奴らと別の中学に通っていたので今の奴らのことを知りません。

一人目のターゲットを千光寺に決めた俊ですが、まずは改心しているかどうかを確かめなければなりません。

入学し2週間が経ちますが、千光寺に怪しいところはなく、近づこうにもきっかけがありません。

悩んでいると千光寺の方から声をかけてきました。

千光寺はあのいじめの日々がなかったかのように「また仲良くしたい」と言ってきたのです。

千光寺から感じるのは、かつて感じた悪意ではなくむしろ好意でした。

俊が問い詰めると千光寺は泣きながら過去を謝ります。

千光寺は改心しているかもしれない・・・と思った時、千鶴にふいを突かれ捕まってしまいます。

「ずっと後悔してたんです。小学生の時あなたを殺さなかったことを・・・。」

千光寺は改心などしていませんでした。

4話|漆間解剖純愛歌

千光寺に騙され廃屋に拘束される俊。

その俊の隣には千鶴も同じように拘束されていました。

千鶴は千光寺に脅され、むりやり協力させられていたのです。

用心深い千光寺は、留り縄という特殊な縛り方で俊たちを拘束しており、さらに何かあった時のためにスイッチ一つで全焼する仕掛けを用意していました。

「やっと漆間くんをこの手に!僕の愛しい人!」

千光寺は歪んだ愛情で俊を痛めつけます。

俊の体にネイルガンを次々と打ち込んでいく千光寺ですが、俊は顔色ひとつ変えませんでした。

この程度の痛み、4年前の痛みに比べればなんてことないのです。

俊に挑発された千光寺は自らの手で俊の首を絞め殺そうとします。

この瞬間を狙っていた俊は、縄から抜け出し千光寺を殴りつけます。

俊は関節のほぼ全てを自由に操ることができ、縄抜けなんて簡単にできるのです。

最初からしなかったのは、千光寺が持っている全焼スイッチを奪うためでした。

縄を抜けて反撃に出てもポチられたら終わりだからです。

立場は逆転、俊は千光寺を気絶させた後、拷問部屋へと連れていき・・・?

2巻へ続く

感想

昔いじめていた同級生に復讐していくお話ですが、めちゃくちゃ面白かったです。

圧倒的な力をつけた主人公が今後どのように奴らに復讐していくのが楽しみ。

特に悪の根源である至極には特別スカッとするものを見せて欲しいですね。

復讐対象であるのは5人なはずなのに、タイトルが6人となっているのが気になるところ。

そこまでグロはないので気になっていた方はぜひぜひ読んでみてくださいね!

⇒十字架のろくにんを全巻無料で読む方法はこちら