漫画、村祀りの全巻に使えるほぼ無料で読む方法やネタバレあらすじを紹介しています。

ネタバレ不要の人はこの方法を試してみて下さいね。

村祀りをほぼ無料で読むには!?

村祀りは1冊、648円する漫画なのですがそれをたったの48円で読むことが出来ます。

使うのはU-NEXTというサイトです。

大手の上場企業が運営する、映画や電子書籍を配信しているサイトです。

U-NEXTロゴ

U-NEXTには村祀りが全巻配信されています。

村祀り全巻無料

そしてこの無料特典を使うことで、好きな巻数を48円で読むことが出来ます。

U-NEXT特典

31日無料で使えて600円分のポイントで漫画が買える!

このポイントで、村祀りを買うことが出来るんです。

ちなみに、ポイント購入した漫画はスマホにDL出来ますし、解約後も読むことが出来ました。

特典は初めて利用する人、全員が受けれますし気に入らなければ即時で解約出来るので安心して下さいね。

請求も48円だけだったのでかなり得した気分です。

⇒さっそく村祀りを読んでみる!

ここからはネタバレになります。

2巻|ネタバレあらすじ

村祀り2巻ネタバレあらすじ

村人の案内で廃坑へとやってきた三神。

もう半世紀も前に使われなくなり今は自然崩落も進んでおり立ち入り禁止となっています。

村人は先に帰り三神は辺りを散策しながら帰っていると丁度、穴から出てきた青山を見つけます。

行方不明になっている教授を探しているようですがこれと言った手がかりは無いようです。

その夜、村長に話を伺っているとTVニュースに教授が転落死したと報道されていました。

取り乱す青山ですがその指に光、大きな宝石を意味深に眺める三神。

村長は教授に預かっていたものがあると二人を納屋に連れて行きます。

セミの置物に坑道の地図らしきものです。

値打ちものではないだろうからと村長は青山から遺族に遺品として渡す様にお願いします。

三神はすぐさまそれが何なのかわかりました。

村の言い伝えを紐解けばこの地には中国の貴人が居たことが分かります。

地図にはバツ印が付けら得ておりそこに何かしらのお宝が眠っているだろうと推測したのです。

翌朝、その場所に潜ろうとすると丁度、青山も同じことを考えていたようで鉢合わせます。

2人で探索することになります。

暫くすると深い穴を渡る場所に差し掛かったのですがそこで青山は急に発情し三神に詰め寄るとさり気なく穴に突き落としたのでした。

一人で先を進みそこで見つけたのは明らかに値打ちものの骨董品。

それを手に取り悦に浸っていると見知った声が!?

「ふぅ、花岡先生もものすごいモノを掘り当てた者ですね」

現れたのはさっき落としたはずの三神でした。

実は落ちた先が藁の上で軽傷で済んだのです。

目を覚ますとキヨシと名乗る小人のような男が居ました。

”刑部キヨシ”

彼の苗字は村長と一緒で正真正銘、彼の息子のようです。

体に障害を持ったキヨシは村人から隠れて育てられました。

ですが今の副村長である次男が生まれると万一にでも他人の目に触れてはならぬと山へ放逐したのでした。

食糧の支援はあったものの誰にも会ってはいけないと育てられたキヨシは一人で暮らしてきたのです。

そんな彼の助けもあり元の場所まで戻ることが出来た三神。

キヨシは先日、ニュースで報道された教授の死に際も目撃していたようでその原因が青山にあるのだと推理します。

彼が死に際に持っていたペンダントは”誓い石”という珍しい石が中に入ったガラスものでした。

死ぬ間際までそのペンダントを握っていたと言いますが「青山はただの石でしょ?」と投げ捨てます。

2人がそんな話をしているとキヨシから洞窟の様子がおかしいからすぐに非難するように。と忠告が来たのですぐさま逃げ出します。

その直後、青山の上の岩盤から酸が吹き出て彼女は焼きただれるのでした・・・

”村のタタリか男の怨みか”

彼女は奇しくも教授が見つけた宝を手に一生を終えるのでした。

3巻に続く

2巻の感想とあとがき

2巻にはこの後、黒仏という謎の仏像の話と新しい祀りに続く話が収録されています。

中でも3巻に続く祀りは男子禁制の女の祭りで絡みシーンもありそうな感じです。

祀りごとに話が分かれていて読みやすいので漫画版も読んでみて下さいね。

⇒村祀りを無料で読む方法まで戻る