ダーウィンズゲーム16巻ネタバレ

ダーウィンズゲーム16巻のネタバレあらすじや1冊丸ごと無料で読む方法を紹介しています。

誰でも簡単に出来るのでネタバレ前に一度試してみて下さい。

ダーウィンズゲームを無料で読む方法

この方法を使うことで約1300円分の漫画を無料で読むことが出来ます。

使うのはFODというフジテレビのオンデマンドサイトです。

このサイトには漫画をはじめとする電子書籍が豊富に揃っています。

もちろんダーウィンズゲームも配信されていました。

ダーウィンズゲーム16巻無料

これを無料で読むにはこの特典を使います。

FODの無料特典

この特典は1カ月間、月額料金が無料で使えて更に、漫画に使えるポイントが1300円分貰えるというものです。
※ついでに動画や雑誌も見放題です。

もちろんダーウィンズゲームの購入に使えるので1冊400ポイントなので3冊は無料で買えますね。

特典を受ける条件もかなり緩くて、初回登録なことと、Amazonアカウントで登録することだけ。

いつも使ってるAmazonでログインするだけなので逆に登録が省けて楽でした。

漫画はスマホで読むことも出来ますし、月額コース解約後も読むことが出来ます。

もちろん月額コースはいつでも解約出来ます♪

実際使ってみましたがデメリットは無いので一度試してみて下さいね。

⇒ダーウィンズゲームを無料で読んでみる!

※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を読めます。

61話から64話

ダーウィンズゲーム16巻ネタバレ

イヌカイの前に現れたのはランキング7位と2位でした。

カナメの呼びかけに答えてやってきたと言う二人。

今からでも会いたいと言い本来なら敵であるレーベンズの本拠地でも構わないという自信っぷりです。

2人ともDゲームは最古参で特にランキング2位のギョクトサクジは雪蘭が現れるまではランキング1位だった最強プレイヤーの1人です。

昔の対戦動画では重火器を意に介さないレベルのシギルでカナメやレインの天敵となる存在かもしれません。

暫く話したのち、カナメはサクジを特別ゲストとして迎えると通知します。

そして、カナメとイヌカイの稽古場に何故か雪蘭の姿が!?

「イベントまで一月、今日からは儂が教えることにした」

士明と違いスパルタで鍛える雪蘭に二人は付いていけるのでしょうか・・・

それから幾日かの日が流れ、レーベンズのリーク情報がデマだったのでは?と噂され始めたころ、ついに正式にイベントの告知がされます。

”海賊王との決闘ゲーム”

今回のイベントは今までと違い詳細なルールが事前に公開されています。

それによればダーウィンズゲームのプレイヤーは全員で一人のチームとなり敗北者側の生存者は捕虜となると言います。

海兵側と海賊側に別れ海賊は5つある宝を奪えば勝ち、海兵側はそれを守れば勝ち。制限時間は24時間です。

ここで疑問なのがプレイヤーが全員チームなら敵は誰なのか?というところ。

”まさかあのゴリラたちなのか?”

その裏ではDゲームのマスターがなにやら同格の者と話こむ姿が有りました。

今回のイベントは別の世界のGMとの対戦のようでその世界は10万年前という遥か昔に枝分かれした一つだと言います。

「我々ならば本来の意味でのダーウィンズゲームが出来る」

このイベントは人類の存続をかけたゲームなのか??

カナメ達の世界のプレイヤーには先日、アジトに侵入を試みてきた中国ランク1位の猛者もいますが今の所敵対関係。

今回は全員で協力しなければクリア出来なさそうですが果たして上手く行くのでしょうか?

いよいよゲームが開始されます。

カナメ達は海兵側、つまり守備側となります。

転移された先は豪華客船。すでに大海原に出ており脱出は不可能。

レーベンズのメンバーはそれぞれバラバラの場所に転移させられますが今回はイベント中でも携帯が使えるようですぐに現状把握が出来ました。

イベント用の機能も色々と追加されておりグループ通話でそれぞれの状況を確認します。

念のため確認しますが全員が海兵側。

イヌカイが転移されたカジノが宝物個の一つに指定されているのでそこで落ち合うことにします。

途中、カナメを狙う中華プレイヤーと遭遇しますがやはり海兵側のようで船の中にいる者たちは一応全員味方となるようです。

カナメがカジノにたどり着くころには20人ほどのプレイヤーが集まっており名実ともに揃っているレーベンズに指揮をとって欲しいという声が強くありました。

ですが、同じく今回ゲームに参加している数名のアメリカ軍が館内放送を行います。

自分たちが指揮をしてイベントを生き抜こうという内容で協力するつもりがあるならデッキに集まって欲しいということでした。

取り合えず話を聞くことにしたカナメ達、ですがその時、海賊船が現れます。

彼らは飛空艇に乗り空から現れたのでした。

17巻に続く

感想

今回もあっという間に読み終わってしまいました。

17巻はがっつりイベントがメインになりそうで早く続きが読みたいです。

雪蘭の修行によってカナメは銃無しの体術中心、イヌカイは特殊棍棒を使った武器術を身に着けたようですがどれくらい強くなってるのでしょうか?

色々と布石が散りばめられている巻でもあったので是非、漫画版も読んでみて下さい。

この方法を使えば誰でも無料で読めます。

⇒16巻を無料で読む方法まで戻る