君が僕らを悪魔と呼んだ頃5巻

君が僕らを悪魔と呼んだ頃の7巻が発売されましたがここではその続きとなる78話からのネタバレを紹介しています。

7巻までの単行本を詠みたい人は無料で読める方法を解説した記事があるので⇒最新刊までを無料で読む方法からどうぞ

78話

いきなり訪ねてきた警官に顔面蒼白となる蒼志。

しかし訪ねてきた理由は父の事では無く悠介の事でした。

最近まで一緒に住んでいたことまで知ってるようで簡単に受け答えするとすぐに帰っていきます。

ですが警察は蒼志の態度に不信感を抱いたようです。

父の事じゃないと分かった瞬間の安堵の表情を浮かべてしまったことで何か隠している思われてしまいます。

警察が帰った後も父の遺体が気になって仕方が無い蒼志は解体現場へと向かってしまいます。

全部悠介さんのせいにされるならその前に俺が処理する。

しかしその現場には・・・!?

79話

現場に付いた途端、今日聴取に来ていた刑事に声をかけられる蒼志

一瞬、ドキっとするのですが現場にはすでに遺体はありませんでした。

刑事には明らかに怪しまれていますが何とか言いつくろいその場を去ります。

急ぎ足で家に帰ろうとする蒼志にしつこくついてくる刑事。

すると遠くから緑の下げ日声が聞こえます。

「ヤメテェ!!」

それを聞いた蒼志が駆け寄ると、自分に付き纏っていた刑事の部下が悠介に殴り掛かっていました。

柴崎というその刑事は憤慨した様子で上司が間に入ることでやっと落ち着いたようです。

「警部、やっと理解できましたよ。何故あいつにこだわるのか。」

悠介宅を張っていた柴崎は任意で話を聞こうとしたそうなのですがダム事件の話をするとまるであざ笑うかのようにこう言います。

「それが真相?もっとよく調べろよ。そんなだからいつまでも俺のこと捕まえれねぇんだよ。無能が」

80話

それから3日。

いつものように仕事に精を出す蒼志の元へ女記者の恩田が来ます。

理由は組んでいた蒼志の父と連絡が取れなくなったからでした。

話の流れで恩田が悠介に執着するのは自分も当事者の一人だと言うことを知ります。

後日、改めて詳しく話すと言って恩田はその場を去ります。

その翌日、懲りずにまたあの刑事たちが蒼志の元を訪ねてきました。

「実は今日は君に用があるんだ。昨晩、君の義父がバラバラ状態で見つかった。」

81話

任意聴取を求められた蒼紫は自分が殺人犯の容疑者になっていることで焦りを感じます。

その日はあっさり解放されますが不安な気持ちが押し寄せてきます。

そこに現れたのが恩田でした。

数日前に話をしようと言ってたので約束を守りに来たようです。

「私にも君と同じように妹がいたの」

恩田は何故自分が悠介にこだわるのか?その理由を話します。

当時、酒や薬で女を食い物にする非道サークルを追っていた彼女ですが事が明るみになることを恐れたサークルメンバーに妹が拉致されてしまいます。

妹を救い出すために要求された取材データを持ち一人で助けに向かう恩田ですが駆けつけた時にはボロボロになった悠介が妹を救い出してくれていました。

「ああ。ヒーローっているんだ。」

当時の恩田はそう思います。

自然な流れで妹が悠介に惚れて二人は一緒に暮らし始めます。

最初こそ応援していた姉の恩田でしたが次第に妹は素行不良となり何度かお金を借りに来ることもありました。

溜まりかねた姉は二人がクラスアパートへと行くのですがそこには首を吊った妹の姿があり悠介はどこにもいないのでした。

その後、独自に調査を進めると妹を拉致したグループに悠介の昔の友人が何人が居たことを突き止め全ては仕組まれたことだったのだと恩田は理解します。

もう二度と妹のような被害者を出さないためにも悠介の罪をすべて暴き出すことを誓ったのでした。

「今回の事件、何かしらあの男も関わってる。なら一緒に突き止めましょうよ。果たしてそれが蒼志の信じるユースケさんなのかどうか」

82話

更新まで暫くお待ち下さい。

感想

この記事のネタバレは随時更新します。

最新話を読みたい人は是非、お気に入り登録しておいて下さいね。

現在、発売中の漫画を無料で読む方法も紹介しています。

⇒最新刊までを無料で読む方法