骨が腐るまでの漫画を試し読みではなく全部無料で読む方法と1巻のネタバレと感想を紹介します!

5年前に殺人を犯した幼馴染5人の物語。

1巻を読みましたが、面白くて一気読みしてしまいました。

※グロいのが苦手な人は注意!

先に無料で読む方法から説明していくので参考にしてくださいね。

骨が腐るまでを無料で読むには?

骨が腐るまで全巻

骨が腐るまでを無料で読むには”U-NEXT”というサイトを使います。

CMなどで見たことある人もいると思いますが、映画や漫画などをスマホやパソコンで見ることができるオンデマンドのサイトです。

なぜ無料で読めるのかを説明していきますね!

U-NEXTは初回登録特典として31日間無料トライアルという特典があり、31日間無料でお試しすることが出来ます。

さらに凄いのは特典2です。

サイト内で使える600円分のポイントを貰うことができ、これは漫画を読むにも使えます。

この貰ったポイントを使えば「骨が腐るまで」の漫画を無料で読むことができます。

「骨が腐るまで」は」1巻~2巻(新刊)まで揃っているので好きな方を選んで読んでください!

31日以内に解約すれば月額料金がかかることはないので、無料で漫画を読みたいと思っていた人は参考にしてくださいね。

⇒骨が腐るまでを無料で読んでみる

では次に1巻のネタバレを書いていきます!

骨が腐るまで 1巻 ネタバレ

骨が腐るまで1巻

5年前の今日、俺たちは人を殺した。

幼馴染5人で殺し、5人で死体を埋めた。

5人は死体を埋めている洞窟の中へ入り、白骨化した死体を掘り起こし恒例の儀式を始めます。

「宣誓。我々5人はいかなる時も友情を裏切ることなく、共に支え合い、この暗い穴の中に埋まる大罪の秘密を守り抜くことを誓います。」

次に儀式を行うのはまた1年後。

死体を元通り埋めて5人はアリバイ作りの為お祭りに行きます。

そこで同じ学校の山本に会います。

山本「うわっ出た!八ツ森中の”ミステリー5”!!」

全国模試は常にトップ10入りの秀才、神埼明。

30人の暴走族を一人で蹴散らした八ツ森中の凶犬、二枚堂竜。

振られた男の数は3ケタを超えるという才色兼備の美少女、豊島椿。

キュートな見た目と高度なテクで数多の男をしびれさせた最強小悪魔、永瀬遥。

そして特に何の取り柄もない中村信太郎。

こんなスター揃いの集まりの中にへぼの信太郎がいるのがミステリー5と呼ばれる理由です。

山本「そういやさっき裏山に行くの見たけど何してたんだ?」

信太郎がとっさの判断で嘘をついて何とかごまかします。

みんなが解散した後。

もしかするとあの場所が山本にバレたかもしれないと思った信太郎はナイフを持ち一人洞窟へ。

洞窟の近くには足跡があり中には人の気配が!

『悪いな山本・・・俺は絶対にこの秘密を守らなきゃいけない!』

殺す覚悟で斬りかかると竜でした。

竜「眠れねーんだよ。」

信太郎は家に帰ったあと念のため山本の住所を確認しておこうと卒業アルバムを開きます。

すると書いた記憶のない文字がでかでかと書かれていました。

明を矢印で指し「神埼明に気を付けろ」と。

そして終業式の日。

明に呼び出され洞窟に行き死体を掘り起こす5人。

「死体を別の場所に移すんだ。」

明の話によると、この場所がゴルフ場計画の一部に入っているらしく隠すためにも別の洞窟に移すと提案があります。

みんな賛成し掘るのですが、埋めてあるはずの死体が見つかりません。

「死体がないっ!!!」

その時、穴の中に埋もれていた携帯が鳴りだします。

電話にでる信太郎。

「やあ殺人諸君、はじめましてこんばんわ。」

電話の相手は死体を盗った犯人からでした。

犯人は5人を指定の場所へ来るようにと話し電話を切ります。

指定した場所はアパートの一室。

5人は言われた通りその部屋に入ります。

シャワーの音が聞こえるのでお風呂場を開けてみるとそこには成人男性の死体がありました。

犯人が要求したお願いはその死体の解体作業だったのです。

ばらされたくなければ、と脅されている5人はとりあえず今は要求をのむことに。

犯人の手掛かりを掴むため死体の男の特徴だけを覚えて解体作業を始めます。

道具と死体解体説明書は別の部屋に用意されていました。

泣きながら全てをばらし、袋に詰めると犯人からまた要求の電話が。

それは指定した5カ所に死体を捨ててくることでした。

それぞれが指定した場所に死体を埋めに行きます。

信太郎が埋めていると人影が近づいてくることに気が付きます。

信太郎にちかづいてきた人物は椿でした。

椿「思い出しちゃったあの日の事・・・。怖くて怖くてどうしようもなく不安で・・・」

椿はあの日のことを自分が一番悪いと責任を感じているようで泣きながらそう言います。

信太郎は強く椿を抱きします。

信太郎「一番悪いのは俺なんだよ!!」

すると椿は何度も何度も泣きながら謝ります。

椿「私秘密にしてたことがあるの。」

その時、他の3人も合流し秘密については聞くことができませんでした。

あれから犯人からの電話はなく、5人は不安になります。

「まさか散々やらしといて骨を返さないつもりじゃ・・・」

遥の提案で5人は気分転換に泊りがけで海に遊びに行くことんに。

夜、信太郎が一人で犯人について考えていると椿がやってきます。

「俺のせいだ。」

5人が殺したのは信太郎の父親だったのです。

当時、信太郎が父親に暴力を受けていたのを知った4人は父を殺そうと計画します。

そしてトドメをさしたのは椿でした。

あの日血にまみれた椿を差し置いて父親を心配しかけよった信太郎。

『あの日俺が裏切ったから、俺の恋はもう終わったんだ』

電話で椿を呼び出し思い切りビンタをする明。

「これ以上信太郎に近づいたら殺すよ?」

抵抗を諦めされるがままの椿たちを遠くから見ているのは・・・?

骨が腐るまで 1巻 感想

11歳の夏に犯した罪を隠す為「骨が腐るまで」秘密を守り続ける幼馴染5人。

殺人や死体解体などなかなかグロテスクな内容。

ただグロいというだけではなくサスペンス要素もあり、どんどん話に引き込まれページをめくる手が止まりませんでした。

登場人物のキャラもいい感じに狂っていて面白い。

1巻ではまだまだ謎がいっぱい。

伏線もたくさん張られており、2巻を読むのが楽しみです!

ネタバレを見て漫画を読みたいと思った人は、無料で読む方法を参考にしてくださいね。

⇒骨が腐るまでを無料で読む方法はこちら